コラム

リベラルであり保守である、カリフォルニアのイメージ

2016年11月24日(木)15時13分

"Imagination is the eye of the soul." -- Joseph Joubert #tiny_collective

David Ingrahamさん(@dayzdandconfuzd)が投稿した写真 -

 とはいえ、イングラハムの作品の最大の魅力は"現実の決定的瞬間性"だ。それを南カリフォルニアの強烈な陽光の中で見極める眼を持っているのである。そこに彼独自のセンス、あるいはムードを演出しているだけだ。

 また、写真そのものには、物語的要素はほとんど含まない。なぜ、という私の問いには、「あえて物語の内容ははっきりさせていない。写真の中にあるあいまいさは、私のコンセプトだ。それをオーディアンス自身に感じるままに判断してほしい」という答えが返ってきた。

 彼はいう。「ただし、そのあいまいさやアプリでのポスト・プロダクションで人を倫理的に欺くことはしない。それは肝心なところだ」

 イングラハムは、写真とセラピーの関係についても語ってくれた。 「自分自身から抜け出して、クリエィティブな作品プロセスの中で自分自身を喪失させることは、すごく重要だ。特にここ最近のアメリカの政治状況の中で正気を保つためには、写真が大きな助けになってくれる」

 ちなみに、彼は政治に高い関心を持っているが、残念なことに、ここで紹介した2番目の写真(記事1ページ目の下)以外は政治的要素を含む写真はほとんどない。無論、ドナルド・トランプという次期大統領の出現で今後はどうなるか判らないが。

【参考記事】本音を出さない政治家の、本質をえぐるフラッシュ

今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
David Ingraham @dayzdandconfuzd

Transition #iphoneography #blackandwhite #hipstamatic #lacma #losangeles #igla

David Ingrahamさん(@dayzdandconfuzd)が投稿した写真 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!