コラム

ITの進化がファシズム復活に手を貸す/fall for(に引っ掛かる)

2018年05月30日(水)11時53分
ITの進化がファシズム復活に手を貸す/fall for(に引っ掛かる)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
Why fascism is so tempting - and how your data could power it
https://www.ted.com/talks/yuval_noah_harari_why_fascism...

登壇者:ユヴァル・ノア・ハラリ

「ファシズム」という言葉を聞くと、どこか歴史の教科書で読んだ話としか思わない人もいるかもしれないが、このTEDトークで歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏は、実は今、ファシズム復活の危険性が高まっていると指摘している。

このトークでハラリ氏は、ファシズムがどういうものかを定義し、国家主義との違いについても説明している。第二次世界大戦やホロコーストを見ると、ファシズムの悪というものを十分に理解できるが、人を誘惑してしまう側面も忘れてはいけないという。

そしてハラリ氏は、情報システムの進化の結果として、独裁者が力を持つようになる恐れがあると警告している。我々市民は常に用心し、自分の感情が奪われないように警戒しなければならないそうだ。変化が速く、情報がますます「武器」として使われているこの世の中で、これはタイムリーなメッセージだと言える。

キーフレーズ解説

fall for
~に引っ掛かる
(動画13:51より)

fallという言葉は動詞として、落ちる、倒れる、滅びるなどの意味を持ちます。そしてこれにforを付けると「~に引っ掛かる」という意味になります。何かにだまされたときに使われ、また恋に落ちたときにも使われます。fallと同じように、バランスを失って重力に負け、どうしようもないというニュアンスを持っています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●Did you really expect me to fall for that old trick?
(私がそんな常套手段にだまされると本当に予期していましたか?)

●He fell for her the moment he met her.
(彼女と出会った瞬間、彼は恋をした)

●That was just a pretext, but you fell for it.
(それは口実だけでしたが、あなたはそれに引っ掛かりましたね)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ワールド

ボリビア大統領辞任、ベネズエラなどに強いシグナル=

ビジネス

英保守党、選挙勝利なら即座に中銀新総裁を指名へ─財

ビジネス

効果的経済対策取りまとめたい、ワイズスペンディング

ワールド

ウクライナ疑惑、米下院が新たな証言記録を公開

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 2

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 3

    自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「死」を体験

  • 4

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 5

    それでも僕らがトランプを支持する理由

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

  • 8

    英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

  • 9

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 10

    香港デモ、警官発砲で1人重体か 全土に混乱広がる

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 9

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 10

    北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!