コラム

ITの進化がファシズム復活に手を貸す/fall for(に引っ掛かる)

2018年05月30日(水)11時53分
ITの進化がファシズム復活に手を貸す/fall for(に引っ掛かる)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
Why fascism is so tempting - and how your data could power it
https://www.ted.com/talks/yuval_noah_harari_why_fascism...

登壇者:ユヴァル・ノア・ハラリ

「ファシズム」という言葉を聞くと、どこか歴史の教科書で読んだ話としか思わない人もいるかもしれないが、このTEDトークで歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏は、実は今、ファシズム復活の危険性が高まっていると指摘している。

このトークでハラリ氏は、ファシズムがどういうものかを定義し、国家主義との違いについても説明している。第二次世界大戦やホロコーストを見ると、ファシズムの悪というものを十分に理解できるが、人を誘惑してしまう側面も忘れてはいけないという。

そしてハラリ氏は、情報システムの進化の結果として、独裁者が力を持つようになる恐れがあると警告している。我々市民は常に用心し、自分の感情が奪われないように警戒しなければならないそうだ。変化が速く、情報がますます「武器」として使われているこの世の中で、これはタイムリーなメッセージだと言える。

キーフレーズ解説

fall for
~に引っ掛かる
(動画13:51より)

fallという言葉は動詞として、落ちる、倒れる、滅びるなどの意味を持ちます。そしてこれにforを付けると「~に引っ掛かる」という意味になります。何かにだまされたときに使われ、また恋に落ちたときにも使われます。fallと同じように、バランスを失って重力に負け、どうしようもないというニュアンスを持っています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●Did you really expect me to fall for that old trick?
(私がそんな常套手段にだまされると本当に予期していましたか?)

●He fell for her the moment he met her.
(彼女と出会った瞬間、彼は恋をした)

●That was just a pretext, but you fell for it.
(それは口実だけでしたが、あなたはそれに引っ掛かりましたね)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ビジネス

カナダ中銀、金利1.75%に据え置き 将来の利下げ

ビジネス

米中古住宅販売、12月は2年ぶり高水準 低金利が支

ワールド

WTO事務局長が来週にも訪米、米大統領「劇的なこと

ワールド

米国務長官、トランプ氏弾劾裁判で「必要なら証言の用

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!