コラム

貧困を解決するベーシック・インカムは人を賢くもする/unleash(解放する)

2017年12月21日(木)17時23分
貧困を解決するベーシック・インカムは人を賢くもする/unleash(解放する)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
Poverty isn't a lack of character; it's a lack of cash
https://www.ted.com/talks/rutger_bregman_poverty_isn_t_a_lack_of_character...

登壇者:ルトガー・ブレグマン

ここ最近、多くの人が人工知能(AI)に職を奪われるのではないかと考えるシリコンバレーのリーダーたちが、その対策として「ベーシック・インカム」に言及する機会が増えている。ベーシック・インカムとは、人々に最低限の生活を保障できるぐらいのお金を与えようというコンセプトだ。

このTEDトークでは、ジャーナリストで歴史家であるルトガー・ブレグマン氏が、歴史的な背景から貧困について踏まえたうえで、ベーシック・インカムのようなものが果たして将来において本当に有効かどうかを考察している。

彼がまず指摘するのは、「お金のない人=頭が悪い人」という方程式が成り立つのではなく、お金がないと悪い決断をしてしまう傾向が強まるということだ。続いて、ブレグマン氏はベーシック・インカムを実際に導入した実験を紹介している。カナダのある町では、誰も最低生活水準を下回らないようベーシック・インカムが導入されたという。結果は大成功で、その町の市民はより賢くなり、健康面での改善も見られた。そして似たような結果はほかの実験からも出たのだ。

とても意外に思えるアイデアだが、このTEDトークを見ると、自分の住んでいる地域にも導入されるよう望むかもしれない。仕事、貧困、人間性について考えさせられるトークとなっている。

キーフレーズ解説

unleash
解放する
(動画10:17より)

unleashの本来の意味は、犬をひも(leash)から放つことです。今回のように比喩的な意味で用いられると、何かを束縛から解放することを示します。特に、今まで制限されていたものがその制限から解放され、爆発したり影響を及ぼしたりするというニュアンスを持ちます。このTEDトークでブレグマン氏は、貧困をなくせば、たくさんのエネルギーと才能がunleashされると言っています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●The aim of deregulation is to shrink the government and unleash entrepreneurship.
(自由化の狙いは、政府を縮小して起業家精神を解放させることです)

●A major blizzard is expected to unleash its fury on Boston next week.
(来週、大型の猛吹雪がボストンに直撃すると予測されています)

●Trump's comments have unleashed white nationalists.
(トランプのコメントは白人至上主義者を解放しました)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ワールド

トルコ、米電化製品を「ボイコット」 大統領がドル売

ワールド

伊ジェノバで高速道路の橋が崩落、少なくとも22人死

ワールド

英国会議事堂前で車が突っ込み2人負傷、男1人を逮捕

ビジネス

中国、固定資産投資が過去最低の伸び 一連の指標で景

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!