コラム

完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

2019年03月22日(金)14時50分

全米中継でイチロー選手は「オールタイム・ベスト(史上最高の選手)」と称賛された Darren Yamashita-USA TODAY Sports/REUTERS

<「史上最高の野球選手」の引退を地元日本での公式戦勝利で飾らなければならない――マリナーズの選手たちもそのプレッシャーを感じていた>

今回の東京ドームにおける、「アスレチックス対マリナーズ」のMLB開幕戦は、米国東部時間では2試合とも午前5時半試合開始という時間帯でしたが、メジャーなスポーツ専門局「ESPN」が全米中継をしていました。

中継では、まだイチロー選手の引退が発表される前の第1戦の段階から、アナウンサーのコメントの半分はイチロー選手についてで、第1戦の途中でベンチに下がって以降も、試合の流れを紹介しながら、ずっとカメラはイチロー選手の表情を追っていました。

そのコメントは、歴史に残る名選手であるというような生易しいものではなく、「オールタイム・ベスト」つまり史上最高の選手だという形容が続けられました。日本向けの外交辞令ではありません。アメリカ国内のアメリカの野球ファン向けの全国中継のコメントとしてです。

なぜそこまで最高の評価がされているかと言うと、俊足を生かした積極走塁、鋭いスイングスピード、強肩を生かした外野守備など、何を取っても一級レベルだということは間違いないと思います。ですが、それだけではありません。また、日本では過大に語られる、シーズン最多安打記録や、10年連続200安打という記録が評価されているだけでもありません。

真摯な取り組みの姿勢への尊敬

何よりもアメリカの野球界にとって、その俊敏なプレースタイルは「薬物に汚染されたパワーヒッティングの時代」に清新な風を吹き込み、多くの少年少女ファンに希望を与えたことは特筆されるべきと思います。また、何よりも厳しい自己管理、真摯な練習姿勢など、イチロー選手は2000年代以降、アメリカの子供たちの人種を超えた尊敬の対象となっていました。

今回、第2戦の8回に、引退が明らかになる中でベンチに退くイチロー選手は、マリナーズのナインと次々に抱擁を交わしました。菊池雄星選手の涙は、アメリカでも有名で「見ていて泣かされる」という形容で報じられていますが、その他の若手の選手たち、それこそイチロー選手がヤンキースやマリーンズに去った後に球界入りした人々も、同じように涙ぐんでいました。

それは単に、大記録を持つ大選手だというだけでなく、やはり清新なプレースタイルと真摯な野球への取り組み姿勢への尊敬があり、それ以上に、子供の頃から憧れていたスーパーヒーローがバットを置くということに、誰もが深い感動とともにこの瞬間を迎えた、そのような意味合いもあるのです。

私はイチロー選手のキャリアにおいては、日本のメディアが「安打数、安打記録」にこだわることもあってか、出塁率を犠牲にしたり、結果的にチームの優勝という歓喜を経験できないままの引退になったりしたことに、多少の疑問を感じていました。少なくとも、オリックス・ブルーウェーブ時代には「がんばろう神戸」というドラマを含めたリーグ2連覇と1回の日本一を経験しているわけで、MLBでも同じような輝きを歴史に残して欲しかったからです。

ですが、そんな想いは、今回の引退劇を見ていて完全に吹っ飛んでしまいました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英CPI、4月は前年比+2.3% 予想ほど鈍化せず

ビジネス

S&P、ソフトバンクGの長期格付けを「BB+」に引

ワールド

ノルウェー、パレスチナ国家承認へ

ビジネス

日経平均は続落、注目イベント控え調整ムード 金利上
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story