コラム

完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

2019年03月22日(金)14時50分
完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

全米中継でイチロー選手は「オールタイム・ベスト(史上最高の選手)」と称賛された Darren Yamashita-USA TODAY Sports/REUTERS

<「史上最高の野球選手」の引退を地元日本での公式戦勝利で飾らなければならない――マリナーズの選手たちもそのプレッシャーを感じていた>

今回の東京ドームにおける、「アスレチックス対マリナーズ」のMLB開幕戦は、米国東部時間では2試合とも午前5時半試合開始という時間帯でしたが、メジャーなスポーツ専門局「ESPN」が全米中継をしていました。

中継では、まだイチロー選手の引退が発表される前の第1戦の段階から、アナウンサーのコメントの半分はイチロー選手についてで、第1戦の途中でベンチに下がって以降も、試合の流れを紹介しながら、ずっとカメラはイチロー選手の表情を追っていました。

そのコメントは、歴史に残る名選手であるというような生易しいものではなく、「オールタイム・ベスト」つまり史上最高の選手だという形容が続けられました。日本向けの外交辞令ではありません。アメリカ国内のアメリカの野球ファン向けの全国中継のコメントとしてです。

なぜそこまで最高の評価がされているかと言うと、俊足を生かした積極走塁、鋭いスイングスピード、強肩を生かした外野守備など、何を取っても一級レベルだということは間違いないと思います。ですが、それだけではありません。また、日本では過大に語られる、シーズン最多安打記録や、10年連続200安打という記録が評価されているだけでもありません。

真摯な取り組みの姿勢への尊敬

何よりもアメリカの野球界にとって、その俊敏なプレースタイルは「薬物に汚染されたパワーヒッティングの時代」に清新な風を吹き込み、多くの少年少女ファンに希望を与えたことは特筆されるべきと思います。また、何よりも厳しい自己管理、真摯な練習姿勢など、イチロー選手は2000年代以降、アメリカの子供たちの人種を超えた尊敬の対象となっていました。

今回、第2戦の8回に、引退が明らかになる中でベンチに退くイチロー選手は、マリナーズのナインと次々に抱擁を交わしました。菊池雄星選手の涙は、アメリカでも有名で「見ていて泣かされる」という形容で報じられていますが、その他の若手の選手たち、それこそイチロー選手がヤンキースやマリーンズに去った後に球界入りした人々も、同じように涙ぐんでいました。

それは単に、大記録を持つ大選手だというだけでなく、やはり清新なプレースタイルと真摯な野球への取り組み姿勢への尊敬があり、それ以上に、子供の頃から憧れていたスーパーヒーローがバットを置くということに、誰もが深い感動とともにこの瞬間を迎えた、そのような意味合いもあるのです。

私はイチロー選手のキャリアにおいては、日本のメディアが「安打数、安打記録」にこだわることもあってか、出塁率を犠牲にしたり、結果的にチームの優勝という歓喜を経験できないままの引退になったりしたことに、多少の疑問を感じていました。少なくとも、オリックス・ブルーウェーブ時代には「がんばろう神戸」というドラマを含めたリーグ2連覇と1回の日本一を経験しているわけで、MLBでも同じような輝きを歴史に残して欲しかったからです。

ですが、そんな想いは、今回の引退劇を見ていて完全に吹っ飛んでしまいました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

金正恩氏、ASEAN首脳会議出席見送り 南北関係緊

ワールド

香港の安定を脅かすことは決して容認しない=中国外相

ワールド

ドイツの対米輸出、第3四半期は前年比+7.6% 貿

ワールド

中国、米との「第1段階」通商合意に向け懸命に取り組

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

  • 6

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 7

    世帯格差が子どもの体力低下にも繋がっている

  • 8

    トランプ、韓国が駐留経費増額に応じなければ在韓米…

  • 9

    香港高裁と北京政府が激突

  • 10

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 7

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 8

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!