コラム

トランプ訪日で米メディアが唯一注目したのは「鯉の餌やり」

2017年11月08日(水)19時40分
トランプ訪日で米メディアが唯一注目したのは「鯉の餌やり」

鯉の餌やりシーンはいかにも「トランプらしい絵」だった? Jonathan Ernst-REUTERS

<毎度お騒がせの暴言もなく、貿易問題、北朝鮮問題でも既定路線通りの展開しかなかった今回のトランプ訪日は、アメリカのメディアにとっては取り上げようがない>

今週のトランプ大統領の訪日については、アメリカでは最小限の報道しかされませんでした。直接の原因としては、何と言っても5日の日曜に発生したテキサス州サンアントニオ近郊、サザーランドスプリングスで発生した乱射事件が大きく報じられていたことがあります。

この間、トランプ大統領が東京赤坂の迎賓館で会見する様子は、何度もニュース映像として流れましたが、そのほとんどは銃撃事件に関するものでした。「銃の問題というより精神疾患の問題」あるいは「銃の問題もあるかもしれないが、議論は時期尚早」という大統領のコメントは、何度も流れましたし、日本に同行していたホワイトハウスの「大統領番」の記者たちも、このニュースに関する大統領のリアクションを中心にレポートしていました。

それでもニュース専門局CNNは日米首脳の共同会見における大統領の発言について、ディスカッション形式で論評したりはしていました。ですが、日本で言う地上波に当たる3大ネットワークの一角であるNBCでは、大統領が訪日していた期間のアメリカ時間の日曜夕方のニュース、月曜の朝と夕方のニュースの中で、日本でのトランプ大統領の動静を伝えたのは月曜の朝だけでした。

新聞はといえば、ニューヨーク・タイムズの場合、紙版では月曜の国際欄で「大統領が横田基地でラリー(選挙遊説)形式の大演説」という記事が1本、火曜の国際欄では「緊張を高めて武器を売りつける商法はいかがなものか」という論説記事が1本だけでした。

テキサスの事件の衝撃があったにしても、この扱いは何とも小さいという印象です。なぜアメリカのメディアは、今回の大統領訪日に関心を示さなかったのでしょうか。

1つには、トランプ大統領の「お騒がせキャラ」が目立たなかったということがあります。アメリカの主要メディアは、保守系のFOXニュースなどを除くと、多くがリベラル系ですから、「アンチ・トランプ」の姿勢がベースです。ですから、大統領の周辺でスキャンダルが起きたり、大統領が暴言を口にしたりすると、大きく扱います。

ですが、今回の訪日ではアメリカのメディアが関心を示すような「ネタ」は特に発生していません。天皇皇后両陛下との会見も、安倍首相とのゴルフや会食も、特にハプニングもなくスムーズに進んだわけで、これではアメリカのメディアとして「取り上げようがなかった」のです。

その中で、各メディアが好んで取り上げたのが「大統領の鯉の餌やり」シーンで、これだけは、NBCの朝のニュースでも、ニューヨーク・タイムズ(電子版)でも報じられていました。この「豪快な餌やり」ですが、一部には安倍首相が升に残った餌をサーっと池に流し入れたのを見て大統領は真似しただけという「解説」も日本ではあるようです。ちなみに、この大統領は「真似しただけ」という説明は、かなり後になってNYのタブロイド紙「ニューヨーク・ポスト」も取り上げていました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!