コラム

「宿題代行サービス」はどうしてダメなのか?

2015年07月30日(木)16時15分

 小学校が夏休みのシーズンに入るとともに、今年も「宿題代行サービス」の是非論争が始まっています。日本の小学校の「定番」である自由研究や作文の宿題を有料で請け負うというものです。価格の相場としては、

・(自由研究・工作など)1件で5000~1万円
・(作文・読書感想文など)400字詰め原稿用紙1枚3000~5000円
・(国語・算数のドリルなど)1冊5000~1万円

 といったところです。400字の作文が5000円などというのは、プロのライターの相場としても悪くない水準ですが、「子供らしく書く手間」があるのでこんな値段になるようです。一方で、ドリルの値段がそんなに高くないのは、何らかの方法で模範解答を入手して対応しているからでしょう。

 こうした代行サービスに関して、古典的な教育論からの反対、つまり「宿題は自分で取り組むこと自体に教育的な意義がある」という意見に対して、一部には「代行サービスを頼むのは、中学受験の準備で塾通いなどに忙しいから」という擁護論もあるようです。

 私はやはり、こうした風潮には問題があると思います。3つ理由を述べたいと思います。

 まず、これは親と子供が業者と共謀して「教師をだます」行為だということです。「だます」というと言葉として甘いかもしれません。要するに学習上の不正行為です。全世界の大学や高校では、「宿題を人に頼む」というのは、「ネットの公開情報をコピーして提出する」のと同等の不正行為として認識されています。基本的にそのペナルティは退学もしくは停学という厳しいものです。そのような不正行為を10歳や11歳で経験させるというのは、大変に問題です。

 一方で「不正行為だからダメ」という説明では、力で押さえ込むような印象を与えるかもしれませんので、もう少し角度を変えて考えてみることにします。この「代行に頼む」という行為は、宿題は「自分でやるべき」という「タテマエ」と、塾で入試対策に取り組まないと有名中学に合格できないから宿題は「お金で処理する」という「ホンネ」の二重構造を、10歳とか11歳の子どもたちに経験させることだとも言えます。

 現代の10歳、11歳は、そのような二重構造を実際に理解してしまうと思うのですが、果たして「小学生の段階で、ホンネとタテマエの乖離」を体験し、理解させることが「そのような二重構造を含む複雑な現代社会」において、問題点を指摘して解決していく能力を養うことになるのか、大変に疑問だと思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

中国台山原発、放射漏れはない 許容値も変更せず=環

ビジネス

日経平均は反落で引け、FOMC控えで買い見送りムー

ビジネス

マイナス金利深掘りは慎重な検討を、収益に大きな影響

ビジネス

午後3時のドルは110円付近、FOMC待ちでこう着

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 2

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中