コラム

「なでしこ」勝利の意味するもの

2011年07月18日(月)12時18分

 決勝戦でも延長前半にへディングシュートを決めた米国のエース、アビー・ワンバック選手は試合後の感想として「日本の決して諦めない姿勢に感服しました。選手たちのことを日本人は誇りに思うでしょう」と述べていました。また、オバマ大統領は2人の娘がサッカー選手だということで、家族4人でTV観戦している写真を公開すると同時に、日本の勝利を称える声明を発表しています。

 試合ですが、この欄での私の予想と結果的に同じ、つまり米国チームは走り続けて最後には運動量で互角になるという展開にはなりましたが、その中身は歴史に残る死闘というべき濃厚なものでした。勝因は2つ、1つは日本の守備陣が120分とPKを徹底的に守り切ったということ、2つ目は、集中力と持久戦という点で、最後には日本が米国を逆転したことだと思います。

 ファインプレーは特に2つ特記できるように思います。1つ目は、前半28分まだまだ米国がシュートを打ち続けていた時期のことです。ワンバックのミドルシュートがクロスバーに当たった際に、リバウンドの球が危険な状態になったのを鮫島選手が見事にセーブしたプレー、そしてもう1つはPK戦の一番手、シャノン・ボックスのシュートをGKの海堀選手が空中で蹴り上げた足でセーブしたプレーだと思います。こうしたプレーは、正に世界最高水準のものでした。

 ニューヨークタイムスの電子版の速報では、ジェレ・ロングマンという記者は「日本は二度も先行を許したが耐えた。その勝利を幸運と呼ぶならば、彼女らは自分たちでその幸運をつかんだ」と賞賛しています。

 私の住むニュージャージーでは、USAチームに地元出身の選手が3人も入っており、雰囲気としてはかなり盛り上がっていました。試合の数時間前に買い物に出たところ、USAのユニフォームを着た夫婦が買い物をしていましたし、地元紙の「スター・レジャー」などでは事前の予想記事(勿論USAの勝利を前提としたもの)が大きな扱いになっていました。ただ、結果的にはPK戦で、その3人のうち2人(ロイド選手とヒース選手)が外してしまい、電子版の速報ではかなり落胆した記事になっていたりもしています。

 とりあえず、決勝戦直後のアメリカの状況はそんなところです。非常に悔しいが、日本の勝利は讃えたいという感想で一致していると言って良いでしょう。

 では、この「なでしこ勝利」の意味するところは、どのように考えたらいいのでしょうか? 「ウォール・ストリート・ジャーナル」の電子版などは、震災以来の悪夢の続く状況で珍しい吉報に湧く日本とか、停滞した政治も「なでしこ」のように頑張って欲しいという「街の声」などを紹介していました。この辺は、あくまで「海外特派員」としての感想、それ以上でも以下でもないと思います。

 私の直感的な印象はこうです。サッカーというのは、全体が個を押しつぶしていてもダメであり、また個が全体に100%貢献できなくてもダメな中、個が高いモチベーションで全体に貢献してゆく心理と身体機能を高めることが要求されます。そうした技能において、全日本女子が世界一の水準に達したということは、2つの意味があるように思います。

 1つは、権限のない、注目のされない、予算もない中で、本当にサッカーが好きだというモチベーションからあらゆる努力を重ねて這い上がって来た人間の持つ「ホンモノの実力」というのは、もしかしたら女子サッカーに限らず、日本社会の中で常に女性がチャレンジャーであったことが生み出したものではないかということです。

 もう1つは、仮にそうであるのならば、そうした日本の女性の潜在的な能力をもっともっと引き出すことが、震災からの復興、バブル崩壊以来の「高付加価値創造型社会へ移行できない」という停滞からの復興という意味でも、可能性があるのではないかと思うのです。

 PKへ向かう直前の円陣で見せていた「なでしこ」イレブンの表情には澄み切った輝きがありました。それは自信でもないし、開き直りでもない、自分たちが120分を戦い抜いた満足感であり、その先にあるものを受け止めるという強さの表れであったように思います。

 教育というものがもしもあるのであれば、彼女らが見せた輝くような表情の人間を育てることであるし、社会制度というものがもしもあるのであれば、人々があのような表情で活き活きと生きていけるように人材が活用される社会を実現するためなのでしょう。その意味で「なでしこ」の成功物語は、様々な形で語られていって良いのだと思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

米中が「第1段階」通商合意、関税発動猶予 米農産物

ワールド

米中の「第2段階」通商合意、複数回に分割も=米財務

ワールド

北朝鮮、衛星発射場で再び実験 米に対抗し「新兵器開

ワールド

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニテ

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    韓国「アナ雪2」1000万人突破の影でディズニー訴えられる 大ヒットを支えた「ドベ」とは?

  • 2

    英総選挙、驚きの保守党圧勝を読み解くと

  • 3

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

  • 4

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 5

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

  • 6

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

  • 7

    英総選挙、どっちつかずより「とっとと離脱」を選ん…

  • 8

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 3

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

  • 4

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 5

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ…

  • 6

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

  • 9

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 10

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!