コラム

オバマでも伸びなかった投票率の秘密

2009年07月27日(月)11時29分

 7月20日に連邦政府統計局(センサス・ビューロー)は、昨年11月の大統領選における投票率のデータを公表しました。住民登録制度のないアメリカでは、投票総数や各候補の得票は分かっても、肝心の「分母」つまり、地域・人種・年齢といった要素で切り分けたものを含む「総数」は簡単には把握できません。そこで、統計局から「あの時の人口」(実は高度な統計処理による推定値ですが)を教えてもらわないと「率」は出ないわけで、それで今頃になっての発表になったというわけです。

 さて、この結果の中で意外だったのは、「史上初の黒人大統領オバマ」の「旋風」にも関わらず投票率が横ばいだったということです。2004年の「ブッシュ対ケリー」の際の投票率が64%、そして今回の「オバマ対マケイン」も64%という数字でした。ちなみに、日本では小数点以下まで計算して「下がった」という報道がされていますが、アメリカの当局は「統計的には横ばい」と言っています。どうも数字の精度として、小数点以下はあまり意味がないようです。

 小数点の話はともかく、「オバマ旋風」でも投票率が伸びなかったのはどうしてなのでしょう? そこにはアメリカ独特の政治風土の問題があります。1つには「投票所に行ったり行かなかったりする層」の存在です。例えば、宗教保守といわれる勢力ですが、彼等が強く関心を寄せるのは「社会価値観」つまり中絶など生命倫理の問題や、銃規制への反対というテーマであり、こうした問題が軍事外交政策や経済政策よりも重要だと考える人々です。彼等は、自分たちの思想に共鳴してくれる人は「真性保守」だとして強く支持しますが、気に入った候補がいないと投票所に行かないのです。

 例えば、2006年の中間選挙では、ハリケーン・カトリーナの災害対応で当時のブッシュ大統領の人気が下がった結果、共和党が大幅に議席を減らしたと言われていますが、それ以上に、共和党議員の「少年愛疑惑」を宗教保守派が嫌ったということ、具体的には宗教保守派が投票所に行かなかったのが痛手になったと言われています。2008年の大統領選では、中道のマケイン候補は「真性保守にあらず」というレッテルを貼られていましたし、そのためにペイリン知事を副大統領候補に据えたのですが、それでは足りずに共和党支持の中から多くの棄権者を出したと見るべきでしょう。

 もう1つ、民主党支持層の中で「行ったり行かなかったり」するのは黒人票です。彼等は政策論だけでなく「黒人への尊敬心を持っているか?黒人の民生向上に努力してくれるのか?」を基準に候補を評価して、「信用できる人物がいない」場合は投票所に行かないのです。例えば、2000年、2004年のブッシュの勝利の背景には黒人の低投票率があるという分析が可能ですし、1992年、1996年のビル・クリントンの勝利には「南部出身で黒人コミュニティで育った」彼のことを「初の黒人大統領」という言い方で支持した黒人票の存在がありました。

 ですから、2008年の選挙の投票率に関して言えば、白人の保守票から大量の棄権が出て、黒人票、若年層の票の上乗せ分を食ってしまったということ、非常に表面的に言えばそういうことになります。では「オバマ旋風」は所詮はその程度だったのか、というとそんなことはありません。そこにもう1つの問題があります。それは、アメリカの大統領選の投票プロセスそのものに、物理的なキャパシティーの問題があるということです。

 というのは、いくら全国レベルの連邦政府のトップを決めるといっても、各州の選挙は各州の州法によって進行しますし、各市町村の選挙はそれぞれの地方の予算で実施されます。また、住民登録制度がないアメリカでは、選挙のたびに「選挙登録」をしなくてはなりません。その結果として、行こうと思ったが「混んでいて止めた」とか「手続きが面倒で止めた」という人がぞろぞろ出るのです。そう言うと、不真面目な人が多いようですが、実際に手続きは面倒で、しかも投票所のキャパシティーがないために、投票するのには長蛇の列ということになると、諦めて帰ってしまう人も出ます。

 その中には「これだけオバマが優勢なのだから、まあ大丈夫だろう」という感覚で「止めてしまった」という人も多いと思います。ですから、投票率が「横ばい」だったので「オバマの政治的資産は大したことはない」とか「それほどの圧勝とも言えない」というのは間違いだと思います。また、アメリカ人が政治に無関心だったり、政治不信のために(勿論、そうした感覚もあるにはありますが)投票率が伸びないという言い方も正確ではないと考えられます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 4

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 8

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 9

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 10

    安倍晋三の真価とは......日本は「あまり愛されなか…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!