Picture Power

【写真特集】南アフリカのフードデリバリーは命懸け

GHOST RIDERS

Photographs by JAMES OATWAY

2022年06月28日(火)14時30分

雨が降る夜にバイクを走らせる配達員。雨の日は道路が滑るため事故が起きやすい

<南アフリカでもフードデリバリーは急拡大しているが、個人事業主である配達員は搾取されやすく、事故や強盗に遭うことも日常茶飯事>

コロナ禍で外食控えが進むなか、世界中でパンデミックのように急拡大してきた事業がある。食事や食料品をネットのアプリを介して注文・宅配するフードデリバリーだ。

白人富裕層とその他の間で経済格差が広がる南アフリカも、例外ではない。食品宅配の需要急増に合わせて、ウーバーイーツのような大手や地元発の各事業者が大勢の配達員を採用している。ヨハネスブルクなどの都市では、配達員の大多数がコロナ禍で職を失った近隣諸国からの移民だ。

一方で、こうした配達員はアプリを利用して働く個人事業主であり、雇用主という後ろ盾がないため、搾取されやすい環境にある。犯罪率が高い南アフリカでは、配達中に死傷事故や強盗に遭うことも日常茶飯事だ。しかし、被害を事業者に報告すればアプリから自動的に締め出されてしばらく働けなくなるため、報告することもままならない。

写真家ジェームズ・オートウェイが映し出したのは、今日も誰かの食事を配達する彼らの、命懸けの日常だ。

ppdeliver02.jpg

ヨハネスブルクの中でも富裕層が多いサントン地区で、信号無視の自動車にひき逃げされ重傷を負ったコンゴ人の配達員


ppdeliver03.jpg

配達員のレベッカは、幼い子供を育てる母親でもある。配達員の仕事は働く時間が比較的自由なので、子育てには都合がいい面も


ppdeliver04.jpg

仕事に出掛ける前に毎日、靴を磨くのが日課だという配達員のポール。完全歩合制のため、多くの配達員は週7日、長くて1日16時間働く

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

拘束のザポロジエ原発所長が解放=IAEA事務局長

ワールド

ウクライナ国民の83%がNATO加盟を希望=世論調

ビジネス

将来のインフレ動向、一段と不安定化も=米リッチモン

ビジネス

米ISM製造業景気指数、9月は2年4カ月ぶり低水準

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング