Picture Power

【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会

ONE DAY IN HISTORY

Photographs by ANDREA GJESTVANG

2021年07月31日(土)16時30分

pputoya13.jpg

【ハンネ・ヘスト・ネス (当時20歳〈上〉/ 現在29歳〈下〉)】
ハンネはカフェ(下写真)にいたところで銃撃に遭った。左腕を撃たれ、左手の小指は砕かれ、頸椎はひどい損傷を受けた。親友は彼女の膝で死んでいった。

テロの後、彼女は4カ月半入院した。「病院で目覚め、小指がなくなっているのを見て、私は泣いた。指なしでどうやって生きたらいいの、と思った」と、ハンネは当時話していた。「そして、首を撃たれ、体が麻痺する可能性もあったと知った」

人物写真家になった彼女には現在、パートナーと2人の子供がいる。「事件の後、数年間は命の危険に怯えていた。(犯人が着ていた)警官の制服と、大きな音が怖かった。今はいちばん愛しているものを失うのが怖い。あの島で親友を亡くしたから」

pputoya14.jpg

pputoya15.jpg


pputoya16.jpg

【ナチア・チュヘティアニ (当時23歳〈下〉/ 現在33歳〈上〉)】
ジョージア(グルジア)出身のナチアはAUFのサマーキャンプに国際ゲストとして招かれ、銃撃テロに遭った。一緒に参加した親友は亡くなり、ナチアは事件後、喪に服するためオスロに引っ越した。「私と友人にとって、これがジョージアを出た初めての旅行。私はスカンジナビアの政治制度に関心があり、ずっと来たいと思っていた」と、彼女は当時話していた。

今はオスロに住み、労働の場における多様性や男女平等に関わる仕事をしている。結婚して息子が1人いる。「過去10年、7月22日に関する全てのものから距離を置くことにエネルギーを使ってきた。でも自分の経験に沈黙し、逃げることはできない。そうすれば自らの感情を否定すべきか絶えず葛藤し、前に進むことができない」

過去の自分にはこうアドバイスする。「あの日を思い出させる全ての物や人から逃げても、ウトヤ島で起こったことは変えられない。あなたがどこにいても、7月22日はあなたと共にある。あの出来事は自然災害ではなく、憎しみの行為だったとあなたは知るだろう。同じようなことが二度と起こらないようにする闘いにおいては、あなたの寛容さと献身がものをいう」

pputoya17.jpg


pputoya18.jpg

【エイリン・クリスティン・ケア (当時20歳〈下〉/ 現在29歳〈上〉)】
銃撃で受けた傷を見せてくれたエイリン(下)。キャンプでは年下の子たちを守ろうとして、腹部と腕、右膝、脇の4カ所を撃たれた。

現在は労働党の政治アドバイザーとして働き、AUFとの共同プロジェクトにも携わる。「4発撃たれたわりには、元気にやっている。体に不自由なところはない。ほとんどの人には無縁のことを経験したのだから、あの出来事の影響は確実に受けている。洞察力を与えてくれたし、自分について多くのことが分かった。少なくとも、命のあるうちに人生を楽しむことを学んだ」

過去の自分にはこうアドバイスする。「自分への信頼を失わないで。あなたは十分に善良で、能力があり、そして強い。必要なときにはあえて弱さを見せても、悲しんでもいい。あなたは理解を超えた悲痛な出来事を経験したのだから。今の瞬間を楽しみ、計画どおりにならなかったことがあっても考えないようにして」

pputoya19.jpg

Photographs by Andrea Gjestvang-Panos

<撮影:アンドレア・イェストバン>
ノルウェーのオスロとドイツのベルリンを拠点に活動するドキュメンタリー・フォトグラファー。銃撃テロの直後に撮影された写真シリーズはノルウェーで写真集として出版され、国外でも高い評価を得た。フォトエディターやアートギャラリーの展覧会のキュレーターとしても活躍している

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

ワールド

EU、ロ産原油価格上限で週末にも正式合意 禁輸後の

ワールド

アングル:ハッカーの標的にされた豪、データ漏えいに

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 3

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、ドレスを吹き付けられる

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 8

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 9

    テスラ初の大型EVトラック出荷開始 貨物30トン牽引…

  • 10

    「一本勝ち!」バンクシーが自作と認めた、ボロディ…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中