コラム

安くて便利なデフレ・ジャパン、暮らしやすくて最高......なんだけれどね

2022年08月16日(火)17時05分
日本の飲食店

安い牛肉もせんべろもある。後は賃金さえ上がれば…… HANNIBAL HANSCHKEーREUTERS

<昔、「高っ!」と驚かれた日本の物価は今や「安っ!」と世界から驚かれている。「暮らしの付加価値」も保たれていてすごいが、もちろん、手放しでは喜べない>

1993年。僕が初めて太平洋を渡ったとき、日本は物価が高い国として世界中に知られていた。

直前の不動産バブルでは「東京の山手線内の土地の合計地価でアメリカ全土の土地が買える」という、少し失礼な試算も有名だった。「銀座の地面に新聞を広げたら、その面積の地価がアイダホ州の一軒家の平均価格より高い」と聞いたときは確かに驚いた。アイダホの草原に人が住んでいるとは!
2022080916issue_cover200.jpg

物価の高いイメージもあったが、お金にあふれているイメージもあった。竹やぶを散歩すればだいたい札束が見つかるということは、日本のニュースを見て分かったので、僕は移住することにした。

それでも、実際に値段を見てひっくり返りそうになった。生ビール700円! コーヒー450円! 映画館のチケット1800円! 『マディソン郡の橋』なんか、日本の映画館で見るよりアイオワ州で本物の橋を買ったほうが安いだろうと、当時思った記憶もある。

2022年。昔、「高っ!」と驚かれた日本の物価は今や「安っ!」と世界から驚かれている。

日本は98年に正式に「デフレ」となった。世界でまれに見る、モノやサービスが徐々に安くなる、とても不思議な現象だ。

当然、安さを売りにする企業も続出した。100円均一の生活必需品店。1000円カットの理髪店。ワンコインタクシー。せんべろの居酒屋。ちなみに、僕もよくお世話になるが、これは「剤を飲んでも分からないほどベロが麻痺している人向け」という意味ではない。「千円でべろべろ」の略だ。おいしいよ。

特にうれしかったのは、1000円のステーキ店や3000円の焼肉食べ放題など。吉野家の牛丼並盛は400円から280円に下げられた。マクドナルドのハンバーガーも一時期なんと59円という最安値を記録した!

肉食男子だった僕にとっては最高の環境だ。出身のコロラド州では、そこら辺の牛にカブリつかない限りこんなに手頃なビーフは頂けない。たらふく食べても超安上がり。相変わらず、牛本人にとっては高くつくけどね。

同時期に、さまざまな商品のクオリティーが上がった。テレビが前より大きくて画質もきれい! 洋服が前よりおしゃれで丈夫! 冷蔵庫が前より容量増しの消費電力減! 電球も省エネで長寿命!

モノだけでなく、サービスも安くて便利になった。

何か知りたいときは図書館に行かなくても、検索一つでほとんどの情報が入手できる。ウィキペディアも以前より正確(僕のページに載っている誤りは3つだけ!)。

家で映画を見たいなら、昔はレンタルで1本300円だった映画が今やサブスクリプションサービスで月に1000円程度で見放題。レンタルビデオ店に行かなくていいし、「あのコンテンツ」を閲覧するために他人の目を盗みながら、のれんをくぐらなくて済む。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『パックン式 お金の育て方』(朝日新聞出版)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月85.5に上昇 「経済は低位

ワールド

キリバスで中国警察が活動、犯罪データベース作成など

ワールド

ロシアの核戦力、95%が近代化済み=プーチン大統領

ビジネス

ECB23年決算、過去最大79億ユーロの損失 利払
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 8

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 9

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 10

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story