コラム

世代間の溝、ドイツの「過去の克服」が掘り下げられる『コリーニ事件』

2020年06月11日(木)17時30分

たとえば、以前取り上げたジュリオ・リッチャレッリ監督の『顔のないヒトラーたち』。アウシュヴィッツ裁判を題材にするのであれば、それを主導した検事総長フリッツ・バウアーを主人公にしたくなるところだが、本作では、駆け出しの架空の検事ヨハンを主人公にしている。そのヨハンは、圧力に晒されながらも、バウアーに導かれるように地道な予備捜査をつづけ、真実を明らかにしていく。

法学者でもあるベルンハルト・シュリンクのベストセラー『朗読者』では、主人公ミヒャエルが、ナチス時代とそれに関する裁判を研究する教授のゼミに登録したことをきっかけに、バウアーとよく似た経歴を持つこの教授に導かれるように、過去と向き合っていくことになる。

さらに、もうひとつ思い出しておきたいのが、ラース・クラウメ監督の『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』の冒頭の部分だ。そこには、アイヒマン裁判についてのテレビの告知から抜き出されたバウアーの映像が挿入されている。彼が視聴者に語りかける言葉は、世代と深く関わっている。


「ドイツの若い世代なら可能なはずだ。過去の歴史と真実を知っても克服できる。しかしそれは、彼らの親世代には難しいことなのだ」

生々しく再現される世代間の溝

こうしたことを踏まえて本作を観ると、そこに世代が異なる人物の関係が盛り込まれていることがわかる。

法廷でカスパーが対峙する検察官席には、上席検察官の他に、かつてカスパーと親密な関係にあったヨハナ、そしてマイヤー家の公訴参加代理人であるリヒャルト・マッティンガーが座っている。そのマッティンガーは、カスパーが大学時代に刑法を教わった伝説的な刑事事件の弁護士であり、師弟ともいえるふたりは、裁判の舞台裏で駆け引きを繰り広げる。

マッティンガーは、被害者がハンスだと知ったカスパーが弁護人をおりようと考えているのを知り、「望んだ仕事なら弁護に徹しろ」と言って、彼の背中を押す。だが、裁判が進行するに従ってマッティンガーの態度が変化し、最終的には対決することになる。

その対決では、1968年に弁護士資格を取得したマッティンガーと今まさに弁護士として第一歩を踏み出しつつあるカスパーの出発点が巧妙に対置されている。彼らの対話には、かつてバウアーが指摘した世代間の溝が、2001年というより現在に近い時代を背景に生々しく再現されている。

過去の克服という不可能事への希求

そして、この裁判はカスパーにとって重要な通過儀礼にもなる。傍聴者もいない裁判前の手続きにローブを着用してきたカスパーは、判事や検察官の失笑を買う。しかし、裁判の過程で変貌を遂げていく。カスパーが2歳のときに家を出た父親との関係が思わぬかたちで復活する展開も興味深い。その変化は、沈黙していたコリーニが、カスパーの父親の話に反応して口を開いたことと無関係ではない。法学者としてのシュリンクは『過去の責任と現在の法 ドイツの場合』のなかで、過去の克服の意味を以下のように説明している。

oba020200611b.jpg

『過去の責任と現在の法 ドイツの場合』ベルンハルト・シュリンク 岩淵達治ほか訳(岩波書店、2005年)


「英語にもフランス語にもそれに相当するものがない過去の克服という概念がドイツでよく用いられるようになったという事実は、不可能事への希求を表している」

カスパーは、まさに不可能事を希求することで、マッティンガーとは違う道を進む弁護士として、自己を確立していくことになる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

ロシア、米国の制裁に報復へ=外務省報道官

ビジネス

ZOZO創業者の前澤氏、民間人月旅行の同乗者を8人

ビジネス

政策点検通じ、市場の信認勝ち得ていくことが重要=片

ワールド

焦点:中国全人代で審議の選挙制度改革、香港に新たな

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 8

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 9

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 10

    「庶民派」菅首相を突き刺した、家族スキャンダルの…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!