コラム

シリア・アレッポで母はカメラを回し続けた『娘は戦場で生まれた』

2020年02月28日(金)17時15分
シリア・アレッポで母はカメラを回し続けた『娘は戦場で生まれた』

母は、命がけでカメラを回し続けた ...... 『娘は戦場で生まれた』  (C)Channel 4 Television Corporation MMXIX

<ジャーナリストに憧れる大学生だった彼女が、スマートフォンで民主化を求める抗議活動を撮影し始めたことが、やがて多様な側面を持つ衝撃的なドキュメンタリーに発展していく ......>

シリア最大の都市アレッポでは、いまも出口が見えない内戦によって多くの市民が犠牲になった。そのアレッポを舞台にしたワアド・アルカティーブ監督『娘は戦場で生まれた』では、ジャーナリストに憧れる大学生だった彼女が、スマートフォンで民主化を求める抗議活動を撮影し始めたことが、やがて多様な側面を持つ衝撃的なドキュメンタリーに発展していく。

医師と結婚、病院は市民の戦いの最前線になった

その冒頭では、18歳だった10年前のワアドの写真が映し出され、「両親はいつも私に言った。"お前は頑固で無鉄砲だから気をつけろ"と。その意味が分かったのは、娘ができてからだった」という彼女自身のナレーションがかぶさる。

そこで映像はまだ幼い娘サマのアップに切り替わり、ワアドが子守唄を聞かせる。外では戦闘機の爆音が響き、「早く下へ」という指示が飛び、彼女はサマを仲間に託して、カメラを回しながら移動する。裏の建物が破壊され、粉塵が目の前の通路に流れ込む。激しく揺れるカメラが、地下に避難して身を寄せ合う人々やそこに収容されている負傷者たちの姿を映し出す。

そんな導入部から時間をさかのぼり、その間の空白が埋められていく。次第に内戦が激化していく状況を記録するようになったワアドは、行動をともにしていた医師で活動家のハムザと恋に落ちる。ふたりは結婚し、サマを授かった。本作では、彼らの関係が、多様な視点に繋がっていく。

ハムザは東アレッポに残った32人の医師のひとりだった。空爆では病院も標的になり、8つの病院が破壊された。ハムザが働く病院も破壊され、サマの心音を最初に調べた医師を含め、仲間たちが犠牲になる。しかしそれを嘆く暇もなく、残された医師たちは、地図にない建物を病院に改造する。その最後の砦には、毎日おびただしい数の患者が運び込まれる。

病院は市民の戦いの最前線になり、私たちはその現場を目撃することになる。床には血まみれの子供や大人が横たわる。弟を亡くした少年は放心して立ち尽くす。病院に駆けつけた母親は、息子の死体を抱えたまま街を彷徨う。悲劇ばかりではない。負傷した妊婦から帝王切開で取り上げたものの、絶望的と思われた赤ん坊が、奇跡的に蘇生する瞬間などもとらえられている。

反体制派の蜂起から内戦、そしてアレッポ陥落

本作では、2012年から2016年までの映像が、時間軸を前後させつつ再構成され、平和的な抗議活動が、武装した反体制派の蜂起によって内戦へと移行し、アレッポ陥落に至るまでの変遷をたどるクロニクルにもなっている。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!