コラム

ロシアの苛烈な現実を描き、さらに神話の域へと掘り下げる映画

2015年10月16日(金)17時27分
ロシアの苛烈な現実を描き、さらに神話の域へと掘り下げる映画

『裁かれるは善人のみ』。ロシアの広大で荘厳なロケーションが、深淵で普遍的な物語を際立たせる

 ロシア映画界の異才アンドレイ・ズビャギンツェフにとって4作目の長編になる『裁かれるは善人のみ』では、辺境にある海辺の町を舞台に、ロシアの現実、そして神話的な世界が切り拓かれていく。

 自動車修理工場を営むコーリャは、若い後妻のリリア、先妻との間に生まれた息子ロマとともに住み慣れた家で暮らしている。ところが、1年後に選挙を控えた強欲な市長が、とある計画のため権力に物をいわせ、彼らの土地を買収しようと画策する。一族が代々暮らしてきた土地に強い愛着を持つコーリャは、モスクワから友人の弁護士ディーマを呼び寄せ、対抗しようとする。そのディーマは、市長の悪事の証拠をつかみ、彼に圧力をかけるが、強大な権力が牙を剥き、コーリャたちをどこまでも追いつめていく。

 強欲な市長の執務室の壁には、プーチン大統領のポートレイトが飾られている。ディーマが握る悪事の証拠に危機感を覚えた市長は、実力者の司祭に相談を持ちかける。その光景は、プーチン大統領とロシア正教会の最高指導者であるキリル総主教との関係、政治と宗教の結びつきを連想させる。しかし、この映画の見所は、現代のロシアの政治や社会が反映されていることだけではない。


 ここで筆者が振り返っておきたいのは、ズビャギンツェフ監督が描き出してきた女性像だ。デビュー作の『父、帰る』では、12年間も消息不明だった父親がある日突然、妻子のもとに戻り、ふたりの息子を小旅行に連れ出し、大人になるための試練を与える。そんなドラマでは母親の影が薄い。2作目の『ヴェラの祈り』では、これまで仕事を優先してきた父親が、罪滅ぼしに妻子と田舎の家で過ごそうとする。だが、妻は彼に「妊娠したの、でもあなたの子じゃない」と告白し、それをきっかけに悲劇的な運命をたどっていく。3作目の『エレナの惑い』では、再婚した初老の資産家に従順に従うしかない元看護士が、前の結婚でもうけた無職の息子とその家族を助けるために大きな罪を犯す。

女性像を通してロシアの現代社会だけではなく、基層文化を掘り下げる

 神話へのこだわりを明言しているズビャギンツェフは、そうした女性像を通して現代社会だけではなく、基層文化を掘り下げてもいる。ロシア文化史の研究者ジョアンナ・ハッブズが『マザー・ロシア――ロシア文化と女性神話』で明らかにしているように、キリスト教化される以前のロシアでは、母なる大地としての女神が崇拝されていた。ズビャギンツェフは、「生命の木として表されるように、大地と水と植物の支配者」だった女神が、キリスト教化以後にどう変貌したのかを描いている。『ヴェラの祈り』で、生命の木を思わせる大木が強調され、妻の運命と結びつくように枯れ沢に水が満ちるのは偶然ではない。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 3

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 4

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 5

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 1

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!