コラム

ロシアの苛烈な現実を描き、さらに神話の域へと掘り下げる映画

2015年10月16日(金)17時27分

 『裁かれるは善人のみ』の物語は、ふたつの点で神話と深く関わっている。『マザー・ロシア』では、キリスト教化の起源について以下のように説明されている。

「キエフ大公ヴラジーミルは九八八―九八九年に自分の臣民にビザンツのキリスト教を強制した。野心ある取引者=公は、ビザンツ教会と国家の結びつきをひとつの手段、すなわち自らの支配が神聖な裁可によって支持されていることをキエフの農民だけでなく都市のエリートにも納得させる手段として利用した」この映画における市長と司祭の関係には、現代のロシアが反映されているだけではなく、国家と教会の政治的な結びつきが繰り返されてきたものであることを示唆している。そして、もうひとつの重要な点が、「ビザンツのキリスト教は、ローマのカトリシズムに劣らず女性嫌いだった」ということだ。それはもちろん、父権的権力に根を持っているからだ。

 そこで、この映画に登場する後妻のリリアに注目してみると、土地買収をめぐる対立とは異なる世界が浮かび上がってくる。見逃せないのは、映画の冒頭からリリアが本心では町を離れたがっているということだ。それはなぜなのか。夫のコーリャと隣人たちとのやりとりを見れば察しがつく。たとえばコーリャは、警官の地位を笠に着て金も払わずに車の修理を頼んでくる隣人に苛立ちを隠さない。その男のことを「女房をふたり、早死にさせた暴君だ」とまで言う。にもかかわらず、その男が先頭に立って行う"狩り"という憂さ晴らしには他の仲間とともに喜んで参加する。コーリャや隣人たちは率先して教会に通うような人間ではないが、ミソジニー(女性嫌悪)と表裏の関係にある男同士のホモソーシャル(同性間の社会的な絆)な連帯が習慣として染みついている。

 リリアはそんなコミュニティのなかで深い疎外感に苛まれ、追いつめられ、悲劇の連鎖に巻き込まれていく。そして、そんな彼女の運命を際立たせるのが、人間と自然の関係だ。男たちが"狩り"と呼ぶ憂さ晴らしは、銃を撃ちまくるだけで、動物や自然とは結びついていない。舞台となる町では、廃墟となった共同住宅や朽ち果てた廃船が目につき、浜には白骨化したクジラが放置されている。だがこの映画には、岩場に立ち、海と向き合うリリアが、生きたクジラを目にする瞬間がある。それはあまりにも儚い時間ではあるが、壮大な自然と女性が結びついた神話的な世界から見れば、強大な権力もホモソーシャルな連帯も卑小で空虚なものに感じられる。


●『マザー・ロシア――ロシア文化と女性神話』ジョアンナ・ハッブズ
坂内徳明訳(青土社、2000年)

●映画情報
『裁かれるは善人のみ』
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
公開:2015年10月31日 新宿武蔵野館ほか
2014年カンヌ国際映画祭脚本賞、2015年ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

首相発言を信頼・支持する=加計問題愛媛新文書で二階

ワールド

原油先物が上昇、ベネズエラの生産が一段と減少する可

ワールド

首相と加計理事長、愛媛県文書の面会記録確認できず=

ワールド

イランに「史上最強」制裁も、米国が核放棄など12項

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得には…

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 10

    「北の急変は中国の影響」なのか?──トランプ発言を…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!