コラム

自転車の旅が台湾で政治的・社会的な意味を持つ理由

2016年11月21日(月)11時14分

「認識台湾=環島」のきっかけとなった映画

 最初に「自転車で台湾を走る」という行為が台湾社会に大きな反響を呼んだのは、2007年に『練習曲』という映画がヒットしたときだった。この作品は、主人公で声の不自由な若者が台湾を一周するドキュメンタリータッチの映画なのだが、内容的には単調なものであるにもかかわらず、多くの若者から熱狂的に支持された。当時、台湾で新聞社の特派員をやっていた私は、そこに「認識台湾(台湾を知る)=環島」というテーマを感じ取って注目した。

 この映画が一つの流れを作った。映画『練習曲』を観た台湾の自転車メーカーGIANTの創業者である劉金標会長が感動し、当時73歳という高齢にもかかわらず、映画の若者のように台湾一周にチャレンジして成功。これも当時の台湾社会では大きな話題となり、「環島」が一つの流行語になった。このときは15日間で一周を達成した劉会長は、80歳になった2014年に環島の再チャレンジを行ない、完走に要した日数を12日間に縮めている。

 社会にとって意味を持つものは、政治にも意味を持つものだ。自転車に乗るという行為は政治家たちも引きつけるようになった。

 2007年、台湾の総統選挙に立候補していた馬英九は、台湾南部から台湾の最北端まで自転車で走り抜ける南北縦断にチャレンジした。台北育ちのエリート政治家ではあったが、北部とは支持層や文化も異なっている中南部の票開拓が課題となっていた馬英九は、自転車を走らせながら、各地の民衆と触れ合うことによってこうした欠点を補い、台湾全土を理解している政治家というイメージを造り上げようとしたのである。

 さらには、医師であり、素人政治家として予想外の形で2014年に台北市長に当選した柯文哲も自転車によって台湾南北の縦断を行なうなど、政治家にとって自転車を走らせることが、人気獲得のパフォーマンスとなっている。

 政治が動けば予算がつく。予算がつけばインフラが整備される。台湾では、いまあちこちの道路に「環島一号線」という焦げ茶色の看板が掲げられている。これは台湾を一周する際に使用を推奨される道路だ。馬英九政権時代に整備が進み、ブルーライン化(青い線を引いて目的地までの距離などを書いたもの)がほぼ完成されている。実際、自転車で走っていても、車道と自転車道はほぼ完全に分離されており、自動車に追い立てられるという、日本では当たり前のストレスがほとんどなったことが、この自転車の旅のなかで大きな驚きでもあった。やはり、政治=行政が動くと、社会の変化は徹底されるのである。その意味では台湾で「環島」がいい意味で政治化された意義は大きい。

【参考記事】ママチャリが歩道を走る日本は「自転車先進国」になれるか

背景には台湾アイデンティティの普遍化

 現在、自転車による環島には、常時数百人がチャレンジしており、台湾だけでなく、香港、中国、シンガポール、韓国からの参加者も増えている。スポーツやレジャーのスタイルとしてしっかりと定位置をつかんだ感がある。

 こうした「環島」の盛り上がりを理解するには、台湾社会の特殊な背景を知らなければならない。

プロフィール

野嶋 剛

ジャーナリスト
1968年、福岡県生まれ。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学・台湾師範大学に留学。1992年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学の後、2001年からシンガポール支局長。その間、アフガン・イラク戦争の従軍取材を経験する。政治部、台北支局長(2007-2010)、国際編集部次長、AERA編集部などを経て、2016年4月からフリーに。中国、台湾、香港、東南アジアの問題を中心に執筆活動を行っており、著書の多くが中国、台湾でも翻訳出版されている。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)『銀輪の巨人』(東洋経済新報社)『チャイニーズ・ライフ』(訳書・上下巻、明石書店)『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)『故宮物語』(勉誠出版、2016年5月)『台湾とは何か』(ちくま新書、2016年5月)。

ニュース速報

ビジネス

米株、終盤に下げ転換 コロナ経済対策巡る協議膠着に

ワールド

原油先物1%安、米コロナ追加対策への期待後退で

ワールド

米与野党、コロナ対策巡り非難の応酬 マコネル氏「話

ワールド

バイデン氏、米副大統領候補にハリス氏 黒人女性で初

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!