コラム

自転車の旅が台湾で政治的・社会的な意味を持つ理由

2016年11月21日(月)11時14分

Pichi Chuang-REUTERS

<先日、「自転車での台湾一周(環島)」イベントに参加した。民衆は「環島」に夢中になり、政治家も人気獲得のパフォーマンスとして自転車の旅を行なうが、そこには「認識台湾(台湾を知る)」という深い意味が込められている> (上写真:2011年の大晦日に台湾全土で11万人超が参加した自転車ライドのイベント、台北)

 台湾一周のことを「環島」と呼ぶ。そもそもなんで「環」なのだろうか。

 台湾はその中心に台湾山脈がそびえているので、横の移動は非常に難しい地形だ。自然、道路も鉄道も、海岸線に沿ってぐるりと四方を回るように造られている。だから「環島」が可能になる。

 ほぼ同じ大きさの九州では、主要道が福岡--鹿児島の縦軸に通ってそこから放射状に広がっているので「環島」をやろうとしても成立しない。北海道も周囲の自然が厳しすぎて難しい。その意味で「環島」は天が台湾に与えた賜物であると言うこともできるだろう。

 その台湾の自転車メーカーGIANT(ジャイアント)が主導して毎年開いている「騎遇福爾摩沙900(フォルモサ900)」という環島ライドのイベントが11月上旬に行なわれ、私はそれに初参加した。本当のことを言えば、台湾一周をしたかったのだが、有り難いことに拙著『台湾とは何か』(ちくま新書)がある賞をいただいて、その授賞式がイベントの最中にぶつかってしまったので、台北から最南部・屏東までの500キロだけで今回はとどめることにした。それでも、自転車の長距離ライドの経験がほとんどない私にとっては、前代未聞の未体験チャレンジであった。

nojima161121-2.jpg

「フォルモサ900」に参加した筆者(提供:筆者)

 坂道の多寡や地形、宿泊地の場所によって距離が変わるが、1日に走る距離は平均100キロだ。私が参加したのは9日間で環島を成し遂げるコースで、GIANTのCEOである羅祥安氏がチームリーダーになって約40人のグループをつくった。ほかにも7日で回る中級者チームや5日で回る限界挑戦型の上級者チームもある。私のような初体験組は、ほとんど9日間のこのチームに入った。

 どのチームにもGIANT傘下のGIANT旅行社で年間十数回は台湾を回るという百戦錬磨のスタッフが数人ついてくれて、コースの先導、休憩場所の選定、注意事項、故障や転倒に見舞われた者のケアなどを完璧に果たしてくれる。自転車やウエアもレンタルできるので、身一つでも参加することができるという手軽さである。

nojima161121-3.jpg

1日目、台北から新竹まで90キロを走った(提供:筆者)

 ただ、手続きは手軽でも、ライドは手軽ではない。朝6時に起きて食事、体操をして、7時に出発。15~20キロごとに休憩を取りながら、午後4~5時ぐらいまで走って目的地に着く。汗で汚れたウエアや下着を洗濯して干してから夕食を取り、翌日の準備をして10時ぐらいには眠った。翌日も起きてまた走る。とにかく走ること以外は何もしない。しかし、飽きることはなかった。とにかく前に進むことで精一杯。景色を楽しむ余裕もそれほどなかった。

 結果として、私は5日間、特に大きなトラブルもなく、転倒もせず、パンクもせず、お尻もそれほど痛くなく、思ったよりもスムーズに台湾縦断の旅を終えることができた。その間、一日中一生懸命ペダルを漕ぎながら考えていたことは「台湾を自転車で走る」という行為の意味だった。

 台湾を自転車で走る。このことが持っている意味は、単なるスポーツとしてのライドということに留まらない。もちろん、スポーツとしても900キロを走るということは十分に楽しめるのだが、台湾社会と台湾の人々にとっては、恐らく、もっと象徴的で本質的な意義があるのである。

プロフィール

野嶋 剛

ジャーナリスト
1968年、福岡県生まれ。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学・台湾師範大学に留学。1992年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学の後、2001年からシンガポール支局長。その間、アフガン・イラク戦争の従軍取材を経験する。政治部、台北支局長(2007-2010)、国際編集部次長、AERA編集部などを経て、2016年4月からフリーに。中国、台湾、香港、東南アジアの問題を中心に執筆活動を行っており、著書の多くが中国、台湾でも翻訳出版されている。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)『銀輪の巨人』(東洋経済新報社)『チャイニーズ・ライフ』(訳書・上下巻、明石書店)『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)『故宮物語』(勉誠出版、2016年5月)『台湾とは何か』(ちくま新書、2016年5月)。

ニュース速報

ワールド

香港の民主活動家、周庭氏が出所

ワールド

バイデン米政権、トランプ氏の壁建設資金を軍施設修繕

ワールド

イラン核合意巡る協議、12日ウィーンで再開へ=交渉

ビジネス

焦点:政策正常化へ先行する複数の中銀、米テーパリン

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 6

    日本の大学教員だった父を突然、中国当局に拘束されて

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 7

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 8

    アマゾン従業員用のマインドフルネス設備「AmaZen」…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 2

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中