コラム

アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

2017年10月13日(金)16時30分

アベノミクスの恩恵を最も受けた若年層

このようなアベノミクスによる雇用状況改善の恩恵を第一に受けたのは、それまでのデフレ不況の中で最も虐げられてきた若年世代であった。その最も顕著な現れは、新卒労働市場における雇用拡大である。

就職希望者に対する就職者の比率である就職率は、2016年4月時点で、大卒で97.6%、高卒で98%となった。これは、調査が開始された1997年以降の最高値である。2011年4月の就職率が過去最低であり、その頃は多くの新卒者が内定を得られずに卒業の持ち越しを与儀なくされていたことを考えれば、まったくの様変わりといってよいであろう。第2次安倍政権に対する支持率が一般に若年層ほど高いのも、このことが背景にあると考えられる。

このようなアベノミクス期の雇用改善に関しては、「失業率の低下といっても低賃金の非正規雇用が増えたにすぎない」といった批判がしばしばなされてきた。確かに、就業者に占める正規雇用の比率は、2015年頃までは依然として低下し続けていた。しかし、2016年以降は、それは明らかにトレンドとして上昇し始めている。新卒労働市場における雇用のほとんどは正規雇用と考えられるから、それは新卒就職率の上昇という上のデータとも整合的である。

より注目すべきは、非正規就業者が数としては増加する中でも、「正規の職員・従業員の仕事がないから」という理由で非正規就業に甘んじている、いわゆる不本意非正規就業者は、数的にも割合としても一貫して減少してきたという事実である。それについては残念ながら2013年以降のデータしか存在しないので、アベノミクス期以前との比較はできない(表2)。とはいえ、少なくともアベノミクス期に不本意非正規就業者が着実に減少してきたことは、ここから明らかである。

表2:不本意非正規就業者の総数と非正規就業者中での割合(2013年〜2016年)
noguchi1013b.jpg

いうまでもないことであるが、非正規雇用だからといって、それ自体が問題であるわけではない。主婦のパートや学生のアルバイトがそうであるように、自分の都合のよい時間に働きたいとか、家事、育児、介護、勉学等と両立しやすいなどの理由から、自発的に正規ではなく非正規就業が選択されている場合、そのことを問題視すべき理由はまったくない。非正規雇用に問題があるとすれば、それは基本的に、正規就業を望みながらもそれが実現できない場合に限られる。そして、そのような不本意非正規就業者は、このアベノミクス期に、確実に縮小し続けてきたのである。

大きかった円高の是正

このように、アベノミクスは日本経済の雇用状況を、きわめて非連続的な形で改善させた。そのような突発的な変化をもたらした最大の要因を挙げるとすれば、それはおそらく円高の是正である。民主党政権期には一時は1ドル76円台まで進んでいた為替レートのドル安円高が、アベノミクスの「第1の矢」としての黒田日銀による異次元金融緩和政策によって転換され、その後は1ドル110円程度を中心に変動するようになった。これによって、それまで生きるか死ぬかの瀬戸際にあった輸出産業や輸入競争産業の多くが、大きく息を吹き返したのである。

プロフィール

野口旭

1958年生まれ。東京大学経済学部卒業。
同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。専修大学助教授等を経て、1997年から専修大学経済学部教授。専門は国際経済、マクロ経済、経済政策。『エコノミストたちの歪んだ水晶玉』(東洋経済新報社)、『グローバル経済を学ぶ』(ちくま新書)、『経済政策形成の研究』(編著、ナカニシヤ出版)、『世界は危機を克服する―ケインズ主義2.0』(東洋経済新報社)、『アベノミクスが変えた日本経済』 (ちくま新書)、など著書多数。

ニュース速報

ワールド

中国、3月の全人代延期案を2月24日に討議 政協も

ワールド

マカオ、今月20日からカジノ営業再開へ

ビジネス

ソフトバンクG出資のOYO、19年3月通期は損失6

ビジネス

香港キャセイ航空、上期大幅減益を予想 新型肺炎によ

MAGAZINE

特集:新型肺炎 どこまで広がるのか

2020-2・18号(2/11発売)

感染者数がSARSを超えた新型コロナウイルス── 「起きるべくして起きた」中国発の感染症を止める処方箋

人気ランキング

  • 1

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレス社会」

  • 2

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 3

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

  • 4

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 7

    マクロンも羨む日本の定年引き上げ、フランスで「70…

  • 8

    新型コロナウイルス、初の死者で「信認低下」懸念 …

  • 9

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 10

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 1

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待されたのは猫か少女か?

  • 2

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 3

    韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウイルス

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

  • 6

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 7

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 8

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 9

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 10

    新型肺炎:1人の医師の死が引き起こす中国政治の地…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!