コラム

コロナ対策で戦時に匹敵する財政政策を発動する米国、しかし日本は......

2021年02月25日(木)11時30分

バイデン政権が打ち出したメニューの多くが実現するとの期待が、金融市場では高まっている......REUTERS/Jonathan Ernst

<米国における、戦時対応に匹敵する大規模な財政政策発動によって、2021年以降米国経済の成長率は加速する可能性が高い。しかし、日本の財政政策は......>

米国株は2月に入り史上最高値を更新、更に米国の債券市場では長期金利(10年物国債利回り)が、年初の1%前後から2月22日には1.4%近くまで上昇した。このため、金利上昇が大型ハイテク銘柄の株価などを押し下げる場面が増えている。

バイデン政権のアメリカンレスキュープラン実現への期待が高まる

ただ、最近の米欧での長期金利上昇は、先行して上昇していた株式市場が想定していた世界経済の正常化を、債券市場が遅れて織り込み始めたため起きていると筆者はみている。株高と金利上昇は、ワクチンが普及すること、そしてバイデン大統領が打ち出したアメリカンレスキュープラン(米国救済法案)の後押しで、2021年の経済成長率が大きく上振れれば正当化できるだろう。

実際に、米国で長期金利は上昇しているが、これが株価全体を下げるまでには至っていない。金融株など出遅れていた銘柄への物色が広がり、主要株価指数は最高値圏で推移している。米国での金融財政政策への期待によって、コロナ後に低下していたインフレ期待が反転している。これが、長期金利を上昇させている側面が大きく、現状程度の長期金利上昇は米国経済の大きな足枷にならないと見込む。

株高、金利上昇の主たる要因である、アメリカンレスキュープランについては、その半分程度が少なくとも実現すると筆者は想定している。ただ、民主党優位の現在の議会情勢を踏まえると、バイデン政権が打ち出したメニューの多くが実現するとの期待が、金融市場では高まっている。

第二次世界大戦時に匹敵する財政政策の発動

こうした中で、イエレン財務長官が追加財政政策を実現する姿勢を強調する一方で、正統派経済学者の立場から財政政策の必要性を長年主張してきたローレンス・サマーズ教授などが、GDP対比約9%の追加財政支出がインフレ率を大きく高めるリスクに言及している。米国では、経済正常化をもたらす為に、どの程度の規模の追加財政政策が必要なのか、極めて建設的な議論が行われている。

米連邦政府の財政赤字は2021年1月時点でGDP対比16%と、2020年3月時点からGDP対比10%ポイント以上財政赤字が増えた。トランプ政権が年末に実現させた9000億ドルの経済対策法案に加えて、アメリカンレスキュープランのうちどの程度議会で可決されるかによるが、米国の財政赤字がGDP対比20%以上まで拡大するのは、ほぼ規定路線である。これは、第二次世界大戦時に匹敵する財政政策の発動である。

財政赤字を懸念する論者やメディア関係者が日本では多い。ただ、戦時に匹敵する非常時に徹底した財政政策を打ち出し、新型コロナ対応と経済正常化を目指すというのが米国で起きている現実である。先に述べたように、財政政策の規模に関しては行き過ぎの可能性が指摘され始めたが、未知の感染症という特殊な事情への対応として家計所得支援策が主たる歳出であれば、制御不能なインフレは生じないと筆者は考えている。

プロフィール

村上尚己

アセットマネジメントOne シニアエコノミスト。東京大学経済学部卒業。シンクタンク、証券会社、資産運用会社で国内外の経済・金融市場の分析に20年以上従事。2003年からゴールドマン・サックス証券でエコノミストとして日本経済の予測全般を担当、2008年マネックス証券 チーフエコノミスト、2014年アライアンスバーンスタン マーケットストラテジスト。2019年4月から現職。著書「日本の正しい未来」講談社α新書、など多数。

ニュース速報

ビジネス

中国スマホ出荷、3月は前年比67.7%増 コロナ前

ビジネス

中国の3月新規融資は予想上回る、社会融資総量は伸び

ビジネス

フランス水事業ベオリアとスエズが合併で合意、150

ワールド

EU、中国のアルミ製品に暫定的な反ダンピング関税を

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中