コラム

グーグルの自動運転が「完全自動運転」である必然的理由

2018年05月25日(金)17時01分

グーグルのミッションからひも解く自動運転へのこだわり

次に、グーグルのミッションを整理してみたい。ここでは、狭義のグーグル、持株会社であるアルファベット、そして自動運転プロジェクトを推進する子会社のウェイモの3社を取り上げる。すると、グーグルが自動運転にこだわる必然が見えてくる。

狭義のグーグルのミッションは「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」である。よく知られた検索ツールに限らず、とにかく世界中の情報をオーガナイズすることが使命であると、グーグルは考えている。

例えば「Google Now」は、ユーザーの位置情報や検索履歴、スケジュールなどの情報を統合して、ユーザーに「欲しい情報をちょうどいいタイミング」で知らせるサービス。「Google Map」は、最適な移動経路をユーザーに提案してくれる。その背景には「人々が自分のあるべき姿、本当にやりたいことのためにより有意義に時間を過ごせるようなスマートな社会を実現したい」という想いがあるのだろう。

そうなると、自動運転も、グーグルが思い描くスマートな社会を実現するための1つの手段であろうと推測できる。そうである以上、グーグルが考える自動運転とは「レベル3」(一定の条件化で自動運転される一方、不得意な部分では人間に運転が戻されるという前提での自動運転レベル)ではありえない。運転は完全にAIに任せてしまい、人間は車のなかで思い思いの時間を過ごすことができる世界こそ、グーグルが目指すものなのだ。グーグルのミッションを実現するには、完全自動運転が大前提になるのである。

完全自動運転が実現した暁には、もはや「どう運転するか」ではなく「その空間でどう過ごすのか」が問われるようになる。その空間においてユーザーに提供される新しいサービスや、新しいユーザー・エクスペリエンスこそが真に価値を持つようになるのだ。

グーグルの持株会社アルファベットのミッションは「あなたの周りの世界を利用しやすく便利にする」。これも完全自動運転そのものだろう。そしてウェイモのミッションには「自動運転技術によって、人々がもっと安全かつ気軽に出かけられ、物事がもっと活発に動き回る世界を創ること」とある。

ウェイモのホームページには、「私たちの技術によって人々がもっと自由に動き回り、現在交通事故で失われている多くの生命が救われます」「グーグルとしての自動運転プロジェクトの時代から、私たちは一貫して、道路が安全になり、クルマを運転できない多くの人たちの移動に貢献するために活動してきました。私たちの最終的な目標は、ただボタンを押すだけで、ドアツードアで安全に行きたいところに自由に行けるようにすることです」とも記されている。

プロフィール

田中道昭

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授
シカゴ大学ビジネススクールMBA。専門はストラテジー&マーケティング、企業財務、リーダーシップ論、組織論等の経営学領域全般。企業・社会・政治等の戦略分析を行う戦略分析コンサルタントでもある。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役(海外の資源エネルギー・ファイナンス等担当)、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任。『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』『アマゾンが描く2022年の世界』『2022年の次世代自動車産業』『ミッションの経営学』など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

仮想通貨を取引しているのは機関投資家の10%、JP

ワールド

米上院超党派グループ、インフラ計画でバイデン氏と2

ワールド

新規感染拡大続けば対策強化、専門家と適切に判断=西

ワールド

香港民主派紙リンゴ日報、26年の歴史に幕 最終版に

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 2

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の正体は?

  • 3

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

  • 4

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 5

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽の…

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中