コラム

子供たちの顔に「笑顔」が...医療ひっ迫するウクライナに「日本の車いす」を贈るプロジェクト

2023年04月27日(木)19時15分
ウクライナに寄付された日本の車いす

リハビリセンターで母親に日本の車いすを押してもらう女の子(筆者撮影)

<負傷した兵士であふれ返るウクライナの医療機関。不足する車いすを日本から寄贈するプロジェクトを、現地で取材した>

[ウクライナ西部テルノピリ発]オールジャパンで車いすをウクライナに送るプロジェクト(Japanese Wheelchair Project for Ukraine)の第2便150台のうち140台が配布された西部テルノピリ州の子ども病院と養護施設、病院2カ所を4月24日から3日間にわたって訪れた。市内の病院は負傷兵であふれ返り、戦時病院と化していた。

22日早朝、ロンドンからポーランド・クラクフ空港に飛び、長距離バスでウクライナ西部リビウへ。さらに小型バスに乗り換えて目的地のテルノピリ市に向かった。国境越えの手続きは1時間20分弱で昨年6月にウクライナを訪れた時に比べてかなりスムーズになっていた。乗客は前回同様、週末だけウクライナに一時帰国する女性や子供連れの母親が大半だ。

テルノピリ市に向かう夜道は小型バスのヘッドライトだけで真っ暗だった。午後11時前、バス停そばのホテルにたどり着き、お酒を買おうと近くのスーパーに飛び込んだが、アルコール類の販売が許されているのは午後9時まで。ロシア軍がウクライナに侵攻した当初はアルコール類の販売は禁止されていた。

週末の23日、湖のようなセレト川の河畔はアベックや家族連れでにぎわい、これがロシアと戦争としている国かと思わせるほどの、のどかさだった。昨年6月にはリビウでもひっきりなしに鳴り響いていた空襲警報が聞こえることは一度もなかった。東部や南部の前線から遠く離れて平穏なテルノピリは多くの避難民、負傷兵を受け入れている。

230427kmr_lwu01.jpg

若者やアベック、家族連れで賑わうセレト川河畔の公園(筆者撮影)

国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、ウクライナ戦争で800万人以上のウクライナ人が欧州に逃れ、さらに同国内で530万人が自宅を追われている。

「激戦地マリウポリを含め全土の子どもが集まって来る」

テルノピリ州立小児臨床病院には「希望の車いす」「『飛んでけ! 車いす』の会」「海外に子ども用車椅子を送る会」の3団体から車いす15台、バギー2台が贈られた。グリゴリー・コリツキー院長が「心から感謝しています。今日はこの病院のすべてをお見せします」と言って院内を案内してくれた。

230427kmr_lwu02.jpg

テルノピリ州立小児臨床病院に届いた日本の車いす(同)

ロシア軍の侵攻以来、405床のベッドは満床状態で、院内は子どもや家族であふれ返っていた。「ロシアが占領している南部や東部から一時的に避難している人たちが常にいます。激戦地となったマリウポリを含めウクライナ全土の子どもたちが集まって来ます。私たちの病院はこの地域で唯一、24時間体制のケアを提供しています」(コリツキー院長)

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、イスラエルに報復 弾道ミサイル「第一波」発

ワールド

米軍、イスラエルへ向かうイラン無人機を撃墜 

ビジネス

アングル:パリ五輪、企業の広告需要回復 デジタルの

ワールド

イラン、100機超える無人機発射 イスラエル軍発表
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story