最新記事
米社会

「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った障がい者女性が下着モデルに...批判にも大反論

Candace Owens Bemoans Wheelchair User in Underwear Ad: 'Ridiculous'

2023年3月26日(日)13時00分
シャノン・パワー
車椅子

vadimguzhva-iStock

<「行き過ぎたインクルーシブ」「馬鹿げている」と批判の標的にされた女性モデルは、論客を「危険人物」と称して反論>

アメリカの保守系評論家が、「インクルーシブ(多様性を認め、すべての人を受け入れて協力する)」問題について、「行き過ぎ」「馬鹿げている」と批判した。この評論家が標的にしたのは、体が不自由で車椅子に乗るモデルを広告に起用した下着ブランドだった。これに対し、「口撃」を受けたファッションモデルは、評論家を「危険人物」だと非難した。

■【写真】車椅子に乗った下着モデルの写真...「馬鹿げている」ように見える?

保守派の人々に高い人気を誇る評論家のキャンディス・オーウェンズは、車椅子に乗るモデルを起用することは「行き過ぎたインクルーシブ」であり、「馬鹿げたこと」だと発言。これを受けて、障がい者の権利を擁護する人々をはじめ幅広いコミュニティーから批判の声が上がっている。

彼女がこの発言を行ったのは、保守系サイト「デイリー・ワイヤー」のポッドキャストの中だった。同番組は、140万人以上が視聴登録を行っているオーウェンズのYouTubeチャンネルでも放送されている。

この番組の最新の放送回の終盤、オーウェンズが「標的」にしたのは、キム・カーダシアンが手掛ける補正下着ブランド「SKIMS(スキムス)」が11カ月前に発表した、アダプティブ商品(すべての人が快適に着用し楽しむことができるデザイン)の広告用写真だ。体が不自由な人でも使いやすいようにデザインされている。

SKIMSのこの商品ラインは2022年5月にリリースされた。超軽量のマイクロボンド技術を使って作られているため、ベルクロ(マジックテープ)や大きなファスナーなどを使用した一般的な補正下着とは異なり、ラインや縫い目がアウターに響きにくい。

「インクルーシブにはうんざり」にモデルが反論

オーウェンズはこの広告用写真に車椅子のモデルが起用されていることについて、「このインクルーシブの問題を一体どこまで取り入れなければならないのか、理解できない。アメリカのこの状況は馬鹿げている」と述べ、さらにこう続けた。「本当に理解できない。私が間違っているなら、教えて欲しい」

彼女はさらにこう言った。「どうしてこんなことをしなければならないんだろう。このインクルーシブの問題に、本当にうんざりしている。馬鹿げている」。そして、最初に車椅子のモデルの画像を見た時に感じたことを、オーウェンズはこう表現した。「いったい誰のアイデアだったの? これを考えた人はクビよ」

これに対し、SKIMSの広告キャンペーンに起用された車椅子モデルのヘイリー・ローザは、TikTok上でオーウェンズのコメントを厳しく非難した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任

ワールド

中国、南シナ海巡る言葉と行動を一致させるべき=フィ

ワールド

中国軍、「根深い」問題に直面 反腐敗を強化=習主席
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中