コラム

コロナ規制の最中も続いた英首相官邸の「飲み文化」

2022年01月15日(土)22時13分

当時、公園など屋外の公共スペースでも最大6人までしか会うことができないコロナ規制を市民に強いる一方で、ダウニング街は毎週金曜日の午後4~7時に「ワインタイム・フライデー」を予定していた。フィリップ殿下の葬儀が営まれる前日の21年4月16日(金曜日)にも政府顧問や官僚が首相官邸の地下室や庭園で飲んだり踊ったりしていた。

「政界の道化師」と呼ばれた首相の虚飾の人生

エリザベス女王の気持ちに配慮したジョンソン首相は、首相官邸にバッキンガム宮殿(英王室)に謝罪するよう指示した。しかし世論調査では回答者の10人のうち7人が、ジョンソン首相はパーティーへの関与について真実を語っていないと考えており、63%は辞任すべきだと回答。10人のうち8人はジョンソン首相が参加したイベントは違法と考えていた。

ジョンソン首相は虚飾と言い逃れの人生を送ってきた。最初の妻と1987年に結婚(1993年に離婚)、指輪を受け取ってから1時間もしないうちに落として失くしている。マネジメント・コンサルタントとして働き始めたものの1週間でクビになり、英紙タイムズ見習い時代の1988年には記事を面白くするため談話をデッチ上げて解雇されている。

英紙デーリー・テレグラフのブリュッセル特派員時代にはお得意のエンターテインメント精神を発揮して「カタツムリが魚だって」「ソーセージやチップスにも規制」と欧州連合(EU)の前身、欧州経済共同体(EEC)をこき下ろす記事を連発。2004年にはスペクテイター誌の女性コラムニストとの不倫が発覚して「影の芸術相」を解任されている。

美術コンサルタントとの間に婚外子の娘がいることが発覚。2016年のEU国民投票のキャンペーンで「イギリスは毎週、EUに3億5000万ポンド(約547億円)を渡している」とウソをついたと告発される。デービッド・キャメロン首相の辞任を受けた保守党党首選で出馬を表明するはずだった記者会見で突然取りやめを発表し、イギリス中を唖然とさせる。

200年近く維持してきた保守党伝統の議席を失う

2人目の妻と25年に及んだ結婚生活に終止符を打ち、保守党の報道担当キャリー・シモンズさんと結婚。首相官邸の高額改装費を与党・保守党への政治献金者に肩代わりさせていた疑惑が発覚。保守党元閣僚が報酬を受け取る見返りに業者に便宜を図っていたロビー活動疑惑が明るみに出ると議員懲罰制度を変更しようとして議会を紛糾させ謝罪に追い込まれた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国、リトアニア副大臣に制裁 台湾訪問受け

ワールド

FBI、最高機密文書など押収 トランプ氏家宅捜索で

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、週足では下落 インフレピー

ビジネス

米国株式市場=S&Pとナスダック4週連続高、楽観広

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中