コラム

次期英首相最有力、ボリス・ジョンソンは国をぶっ壊しかねない問題児

2019年06月19日(水)20時30分
次期英首相最有力、ボリス・ジョンソンは国をぶっ壊しかねない問題児

「上流階級なのに冗談が通じる」として労働者階級にも人気のジョンソンだが本心は見えにくい Hannah Mckay-REUTERS

<国王の血筋なのに風貌も言動も型破り。「合意なき離脱」も辞さないというジョンソンがイギリスの首相になって大丈夫なのか>

次にイギリスの首相になるのは誰か?

欧州連合(EU)からのイギリスの離脱(「ブレグジット」)がなかなか実現せず、国民の間に政治家への怒りと不満が充満する中、メディアが連日報道しているのは、与党・保守党の党首選だ。

6月7日にブレグジットの行き詰まり状態の責任を取る形でメイ首相が保守党党首を辞任。これを受けて、党首選が火ぶたを切った。保守党政権下、党首はイギリスの首相となる。

「我も我も」と多くの候補者が手を挙げたが、現在、最有力視されているのが前外相で離脱強硬派のボリス・ジョンソン(55歳)だ。

金髪のぼさぼさ頭の下には、眠そうな目。外相時代には失言の数々を発し、もし首相になったら、「崖っぷちから落ちるように」と評される「合意なき離脱」の現実味が増すと言われている。そんな危険な人物がなぜ人気なのか。

エリート・コースを歩んできた

ジョンソンは、1964年、ニューヨークで生まれた。母はアーティスト、父はのちに欧州議会議員になる。上・中流階級に属する富裕なイギリス人家庭で育った。

オスマン帝国(現在のトルコ)末期の内務大臣アリ・ケマルの子孫で、父方の先祖には18世紀の英国王ジョージ2世がいるというから、血筋的になかなかのものだ。

幼少の頃に一家でイギリスにもどり、つい最近までアメリカとイギリスの二重国籍を持っていた。

富裕な家庭の子女が歩むエリートコースをジョンソンも踏襲する。名門校イートンからオックスフォード大学に進学。2年後輩がデービッド・キャメロン元首相である。大学在学中はキャメロンとともに社交クラブ「ブリンドン・クラブ」に所属し、ドレスアップして乱痴気パーティーを楽しんだと言われている。

研修生としてタイムズ紙で働きだすが、ある記事でコメントを捏造し、解雇されてしまう。「フェイクジャーナリズムの先駆」と呼ばれるようになった。

保守党に近い「デイリー・テレグラフ」の記者となり、欧州特派員時代には欧州懐疑派論者として腕を振るった。

テレビ番組で認知度を高める

テレグラフの姉妹媒体となる政治週刊誌「スペクテーター」のコラムニスト、最後は編集長になっていくが、ジョンソンが国民的に広くその名を知られるようになったのは、1998年、BBCの政治番組「ハブ・アイ・ゴッタ・ニューズ」にゲスト出演してからだ。

「上流階級の出身」というだけで、イギリスの労働者階級からはそっぽを向かれてしまう傾向があるが、ジョンソンは番組の中で軽妙な受け答えやジョークの連発に徹し、「上流なのに偉ぶらない、冗談が通じる知的な人物」というキャラクターを作った。このキャラクターを買われて、次々とテレビの人気番組に出演した。

プロフィール

小林恭子

在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

ニュース速報

ワールド

ウルグアイのコロナ対応に高評価、ブラジルは最下位=

ワールド

ロシア、4日に憲改施行 全国投票の信任受け

ワールド

英イングランドの入国者隔離解除へ、日本など50カ国

ワールド

ロシア、コロナ禍で来年2月まで通常生活戻らず=保健

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 5

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 6

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 10

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!