コラム

次期英首相最有力、ボリス・ジョンソンは国をぶっ壊しかねない問題児

2019年06月19日(水)20時30分

2001年には、下院議員に当選。スペクテイター誌の編集長や新聞のコラムニストも兼任した。05年、再選。

ジョンソンと同時期に下院に初当選したキャメロンは、05年には保守党党首に就任して、出世街道を驀進していた。

下院議員としてはほとんど功績上げていなかったジョンソンは、自分なりの政治経歴を築くための活躍の場として、ロンドン市長選に目を向けた。ゆくゆくは首相の座を狙っていたが、この時はもしそんなことを言ったら、笑われるだけだったろう。

ロンドン市長として、実績を積む

2008年、保守党の支持を受けたジョンソンは、初代ロンドン市長ケン・リヴィングストンを破って、ロンドン市長選に当選。12年には再選し、この年の夏に開催されたロンドン五輪・パラリンピックの大成功を手柄とした。

筆者はこの時ロンドンにいたが、開催前「五輪には興味がない」という声が大きかったが、いざ蓋を開けてみると国民全体が五輪・パラリンピックを熱狂的に応援した。国民の人気者ジョンソンの元に一つにまとまった感じがあった。

ロンドン市内で自転車をシェアする「ボリス・バイク」の仕組みを実現させ、市内の公共交通機関でのアルコール飲酒の禁止のほかに、左派リベラル的な政策例えば物価が高いロンドン市内の最低時給制度の維持、非合法滞在の移民への恩赦のほかにLGBTの行進にも積極的に参加した。

キャメロンが2010年に初の首相(自由民主党との連立政権)に就任し、ジョンソンは先を越されてしまった。そこで、ロンドン市長になったことを機に議員を辞めていたが、2015年の下院選に出馬した。当選を達成し、保守党・党首そして首相就任への下地ができた。

離脱運動の立役者に

首相の座が手に届くところまで迫ったのは、2016年だ。

この年6月、EU加盟の是非をめぐる国民投票が行われたが、離脱キャンペーンを主導した一人がジョンソンだった。離脱を何年も前から主張してきた「英国独立党」のナイジェル・ファラージ党首(当時)は独自でキャンペーンを展開したが、離脱運動公認組織「ボート・リーブ」の中心なったのがジョンソンで、「英国を自分の手に取り戻そう」と国民に呼びかけた。

国民投票の結果が出て離脱が決定すると、残留派を主導したキャメロンは辞任表明。党首選が始まった。

この時も、最有力視されていたのはジョンソンだった。いよいよ、ジョンソンが立候補宣言をする日が訪れた。

boris190619_2.jpg

EUに支払う「3900億ポンドは私たちのものだ」と述べるボリス・ジョンソン議員の言葉を見出しにつけた、サンデー・タイムズ紙の1面(6月9日付)

しかし、候補宣言をするための重要な記者会見が始まる直前、党首選でジョンソンを支持すると確約していた、同じく離脱派のマイケル・ゴーブ司法相(当時)が自ら立候補宣言。党内の支持基盤が崩れたことで、ジョンソンは立候補をあきらめざるを得なくなった。腹心の同僚から裏切られるという劇的な展開だった。

プロフィール

小林恭子

在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 9

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!