コラム

「命のビザ」杉原千畝氏とユダヤ人少年が灯したロウソクの火を消すな

2019年08月15日(木)07時30分

その時、杉原氏は「このお金で映画に行きなさい。私が祭日のためのおじさんになってあげる」とガノール少年の小さな手に硬貨を握らせる。

ガノール少年はお礼に「もし僕のおじさんなら、今度の日曜日に僕の家で開くハヌカの集まりに来ませんか」と誘った。杉原夫妻は約束通り、家族や親族ら約30人が集うハヌカにやって来た。

その時、ガノール少年の家に身を寄せていたポーランド系ユダヤ人がナチスのユダヤ人弾圧について語りだし、泣き崩れた。杉原氏に日本行きのビザを発給してくれないかと頼んだ。日本はドイツと日独伊三国同盟を結んでおり、皆、馬鹿げた考えだと一蹴した。

日本行きのビザを取得するためには最終滞在国のビザと日本に一時滞在できる十分な資金を持っている証明が必要だ。

優秀な外交官だった杉原氏はナチスドイツやソ連の動向を探るため、休日には国境沿いに家族連れでピクニックに出掛けたり、ユダヤ人の家庭を訪れたりして情報を収集していた。ナチスの残虐行為についても把握していたようだとガノール少年は回想している。

杉原氏はガノール少年の父に「私があなたなら今、リトアニアでやっている商売のことは考えない」とすぐリトアニアを脱出するよう助言した。米国に住む親戚の勧めで米国行きのビザを取得していたものの、母が乗り気ではなく、渡米をためらっていたのだ。

失望に終わる希望

1940年6月、ドイツによるパリ陥落の翌日、ソ連軍がリトアニアに侵攻。裕福なユダヤ人や右翼、歴史修正主義者のシベリア送りが始まったものの、リトアニアにいたユダヤ人の大半はホッと胸をなでおろした。しかしリトアニアのパスポート(旅券)や米国行きのビザは無効になり、ガノール少年の家族は出国できなくなった。

ある日、ガノール少年の家にオランダ系ユダヤ人がやって来た。オランダのヤン・ツバルテンダイク領事(フィリップス社のリトアニア駐在員)からカリブ海に浮かぶオランダ領キュラソー島ならビザなしで行ける抜け道を教えられ、スタンプ(いわゆるキュラソービザ)を押してもらったというのだ。

7月下旬、キュラソービザがあれば何とかなるかもしれないと杉原氏はガノール少年らの目の前で誰かに電話した。そして本国の外務省が再三にわたって反対したにもかかわらず、日本通過ビザの発給を決断する。

杉原氏が電話した人物について、ガノール少年は「杉原氏の家で一度会ったことがあるロシア人で、ソ連の領事か大使だったかもしれない」と推測している。杉原ビザを取得したガノール少年の家族はカウナス駅に向かった。駅にはポーランド系ユダヤ人難民が殺到していた。

しかしリトアニアのパスポートを持っていた家族が逮捕されるのを目撃し、自宅に引き返す。リトアニアはもうソ連の一部だった。杉原氏は計2139家族に日本通過ビザを発給。9月初旬、国際列車でベルリンに向かう。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

ブラジルは中国の影響拡大監視を、米政府高官が呼び掛

ビジネス

米住宅着工、9月は1.9%増 一戸建て住宅が全体押

ビジネス

コロナ危機でノンバンクの脆弱性露呈=クォールズFR

ワールド

日インドネシア首脳、防衛協力や経済関係強化で合意

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

  • 4

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 10

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!