コラム

ドミニク・モイジが読み解くフランス大統領選「怒り」「怖れ」「ノスタルジー」3つのキーワード

2017年04月10日(月)06時00分

フランス大統領選で決選投票に進みそうな極右・マリーヌ・ルペンのポスター Gonzalo Fuentes-REUTERS

<フランスを代表する国際政治学者ドミニク・モイジ、接戦のフランス大統領選を語る。これは悲観主義と楽観主義の戦いだ>

フランスを代表する国際政治学者で仏モンテーニュ研究所首席顧問ドミニク・モイジ(70)が4月6日、ロンドンの欧州ジャーナリスト協会(AEJ)の月例会で講演し、間近に迫ってきたフランス大統領選について「欧州連合(EU)離脱を選択したイギリスの国民投票、トランプ大統領を選んだアメリカの大統領選と同じように、怒り、怖れ、ノスタルジーがキーワードになっている」と指摘した。

11人中9人の候補が「怒っている」

4月3~6日に実施された仏世論研究所(Ifop)などの世論調査では、EU離脱を問う国民投票の実施と単一通貨ユーロ圏からの離脱を公約に掲げる右翼ナショナリスト政党「国民戦線」の党首マリーヌ・ルペン(48)が24.5%。前経済産業デジタル相で中道政治運動「前進!」のエマニュエル・マクロン(39)を0.5%ポイント引き離している。

2人が決選投票に進むと、マクロン60%、マリーヌ40%となり、マクロンの優勢が予想されている。しかし、モイジは「世論調査で棄権すると答えている人の割合は35%にのぼっている。これまでフランスでは大統領選への関心は非常に高く、棄権の割合は通常20%前後にとどまっていた」と指摘した。2007年と12年の大統領選では棄権はそれぞれ16.2%と20.5%。右派の共和党、左派の社会党という既存政治が有権者の信頼を失っていることを改めてうかがわせた。

kimura170407-mg3.jpg
フランスを代表する国際政治学者、モイジ Masato Kimura

モイジは続ける。「1回目投票の17日前だというのに、まだ40%もの人が誰に投票するか決めていないと世論調査に答えている。07年は20日前にサルコジが大統領になると断言できた。12年の大統領選でもオランドが当選すると予想できた。しかし今回は違う。どう転ぶのか私にも分からない」

11人の候補者が登場した4月4日のTV討論では2時間にわたって失業や移民、欧州について激論が交わされた。モイジは「うち9人の候補が怒っていた。他者に対する怖れ、自分たちのアイデンティーが失われることへの怖れ、自分たちの国が支配力を失うことへの怖れ、そして未来への怖れがある」と分析する。

イギリスでは04年のEU拡大後に大量に流入したポーランド人の配管工に対する、アメリカではヒスパニック系移民に対する、欧米のあらゆる国でイスラム教徒に対する怖れがポピュリズム政党によって作り出されている。

「第一次大戦前後、イギリス貴族の邸宅を舞台に伯爵一家と使用人の生々しい愛憎劇を描いたTVドラマ・シリーズ『ダウントン・アビー』の時代のような偉大なイギリスへの回帰を望むノスタルジー、そんなものは今やありもしないのだが、ダウントン・アビー・シンドロームがはびこっているように感じる。ルペンも好きなTV番組に『ダウントン・アビー』を挙げている」

トランプのアメリカも、白人が中心だった1950年代、多くの労働者が中産階級だと感じることができた時代、毎年豊かになっていることが実感できた時代へのノスタルジーに取りつかれているかのようだ。フランスでも同様に、偉大だった時代へのノスタルジーが広がっている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 9
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 10
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 9
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story