コラム

パナマ文書で注目を浴びるオフショア市場、利用するのは悪くない?

2016年04月14日(木)17時00分

バカンスがてらオフショアで運用……ではなく、EU本部前でタックスヘイブンの不透明性に抗議する2人 YVES HERMAN-REUTERS

 オフショアファンドやオフショア生命保険を利用することは本当にいけないことなのか。オフショアで年金基金を運用することも許されないのか――。世界の政治指導者やその家族、友人による不透明な資産運用を明るみに出した「パナマ文書」の衝撃が広がっている。パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から漏れだした1150万文書はデータ量にして2.6テラバイト。同事務所が過去40年近くにわたって扱った21万社分の極秘資料だ。

【参考記事】世紀のリーク「パナマ文書」が暴く権力者の資産運用、そして犯罪

 今回、使われていたタックスヘイブン(租税回避地)はカリブ海に浮かぶ英領バージン諸島が断トツに多く、次いで中南米パナマ、インド洋のセーシェルなど、21の国・地域にのぼっている。発端は約1年前、ドイツの南ドイツ新聞に届いた「興味があるのなら情報を提供する」という1通のメッセージだった。約80カ国100社以上のメディアから参加した記者約400人が総力で取材に当たったパナマ文書にはアルゼンチンの大統領やアイスランドの首相(辞任)ら政治指導者22人の名前が含まれ、捜査の手も動き始めた。

キャメロン、散々な1週間

 タックスヘイブンの透明性を高めようと国際社会で旗を振ってきた英国の首相キャメロンの場合、2010年に亡くなった父親がパナマで投資ファンドを設立していたことが問題になった。当初、キャメロンは「プライベートな問題」と取り合わなかったが、逆に「何かを隠している」というやましい印象を増幅させてしまった。首相に就任する4カ月前に投資ファンドの持ち分を約3万ポンドで売却し、11年には母親から20万ポンドの生前贈与を受けていたことを公表せざるを得なくなった。過去5年間の所得と納税額も英国の首相として初めて公開した。しかし対応は後手に回り、大手YouGovの世論調査で野党・労働党党首コービンに初めて逆転を許すなど「散々な1週間」(キャメロン)となった。英首相キャメロンの所得公開.png
公認会計士事務所RNSのデータをもとに筆者作成

 キャメロンの亡父と首相自身が行っていたことは法的に何の問題もなかったが、有権者から疑いの目を向けられた。タックスヘイブンも含めたオフショアとは「海外」「沖の」という意味で、バージン諸島やセーシェルはまさにその通りなのだが、「オンショア(陸の上)」であってもパナマのように会社設立が簡単で、税制が緩く、秘匿性が極めて高いため、オフショアに分類される国もある。どうしてこうしたオフショアが発展してきたかというと、冷戦の終結と東西の壁崩壊によってグローバル化が急速に進んだことと密接に関係している。巨額の資金が世界中を駆け巡るようになり、金融機関やヘッジファンドがオフショアの金融センターをグローバル化の歯車として使い始めたからだ。

【参考記事】世界最悪のタックスヘイブンはアメリカにある

 私はロンドンで生活するようになって9年近くになるが、英国と日本での税務申告、銀行の送金手続きがもっと簡単であれば良いのにとため息をつくことが一度や二度ではない。原稿料をいただく日本の出版社ごとに英国の税務当局に居住者証明を申請しなければならない上、証明書が届くのに下手をすると2カ月ぐらいかかる。日本の出版社に郵送できる頃には「源泉徴収の手続き済み」と通告されるケースもある。英国の税務調査に備えて日本の源泉徴収票をそろえておくのも大変だ。こうした国家間の煩雑な手続きは、間違いなく個人レベルのグローバル化の大きな妨げになっている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は7日続落し1200円超安、今年最大の下げ

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story