コラム

菅首相うっかり? それでも「国民皆保険の見直し」発言が大問題な訳

2021年01月28日(木)06時33分

CLAUDENAKAGAWA/ISTOCK

<国民生活の基盤とも言える医療制度の見直しに言及した菅首相は、意図せずパンドラの箱を開けた>

菅義偉首相が、国民皆保険制度を見直すとも受け取れる発言を行い、永田町や霞が関に激震が走るという一幕があった。国民皆保険は日本の戦後社会の中核を成す制度であり、政府・与党にとっては最も大きな政治利権の1つでもある。この重要な社会インフラは財政的に厳しい状況となっており、菅氏の発言は期せずしてパンドラの箱を開ける結果となってしまった。

菅氏は2021年1月13日の記者会見で、医療関係の法改正に関連して「国民皆保険(中略)を続けていくなかで、今回のコロナがあって、そうしたことも含めて、もう一度検証していく必要はあると思っています」と発言した。

ネットでは「首相が国民皆保険制度の見直しに言及した」「耳を疑う」などと情報が拡散。各紙がこれを報じたことから、加藤勝信官房長官が火消しに奔走する羽目になった。

菅氏に明確な意図はなく、言葉の流れでそうなってしまった可能性が高いが、皆保険制度の見直しが水面下で議論されてきたのは事実である。地方銀行や中小企業の淘汰など構造改革に意欲的とされる菅氏の頭の中に医療制度改革が存在していないはずはなく、うっかりではあったにせよ爆弾発言であることに変わりはない。

制度に必要な費用は年間43兆円以上

日本では保険料の滞納がない限り、基本的に原則3割の自己負担(重篤な疾患については高額療養費制度で上限超過額を全額公費負担)で病院にかかることができるが、全ては国民皆保険制度のおかげである。この制度はイギリスの国民保険サービス(NHS)と並んで世界トップクラスであり、医療水準はともかく、病院へのアクセスという点では最も恵まれた国の1つと考えてよいだろう。

コロナ危機で医療逼迫が叫ばれたことをきっかけに、あらためて実感した人も多いだろうが、病気になったときに病院にかかれないことほど恐ろしいことはない。その点において日本の医療制度は、国民生活の基盤と言える存在だ。

だが、この制度を継続するためには莫大な資金が必要であり、18年度は何と約43兆4000億円もの金額を支出している。このうち患者の自己負担と保険料でカバーできているのは約6割しかなく、残りは全て公費である。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナに供与確約の戦車、現時点で321両=駐仏

ワールド

ウクライナ前線の状況、なお「極めて深刻」=ゼレンス

ワールド

EU、対ベラルーシ制裁強化を協議 来週にも合意の公

ワールド

米中、WTO会合で非難の応酬 鉄鋼・アルミ関税巡り

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中