コラム

第一交通が相次いで配車アプリと提携 背後で糸を引くのはソフトバンク 

2018年03月06日(火)11時20分
第一交通が相次いで配車アプリと提携 背後で糸を引くのはソフトバンク 

写真はイメージです。 Josie Desmarais-iStock.

<影響はタクシー業界だけじゃない。ソフトバンクが操る、ウーバーの日本進出が意味するところとは...>

タクシー大手の第一交通産業と配車アプリの米ウーバーテクノロジーズが提携に向けて協議していることが明らかとなった。第一交通は、中国の配車アプリ滴滴出行(ディディチューシン)とも提携している。 

一連の動きはソフトバンクが糸を引いている可能性が高い。実はソフトバンクは出資を通じて、世界中の配車アプリを手中に収めている。社会のシェアリング化を見据えた陣取り合戦が水面下で行われている。

日本ではライドシェアが禁止されている

 

ウーバーはよく知られているように配車アプリの大手だが、同社のサービスには2種類ある。ひとつは正規のタクシーを配車するもの、もうひとつはタクシー以外の一般車を配車するものである。後者は一般にライドシェア(一般ドライバーが自家用車に乗客を乗せるサービス)と呼ばれる。 

日本では道路運送法などの規制によりタクシー以外の車両が有料サービスを提供することは、いわゆる「白タク」に該当するため原則として禁止されている。このため日本のウーバーは一部ハイヤー企業などと提携し、限定的に業務を行っている状況だ。 

ウーバーは昨年末、ライドシェアの普及を目指すという従来方針を撤回し、日本ではタクシー会社との連携に舵を切る方針を明らかにしていた。今回の第一交通との提携は、ウーバーの新しい日本戦略の第一歩ということになる。 

提携協議を進めている第一交通は、約8000台のタクシーを擁する業界大手の1社だが、実は第一交通は、中国の配車アプリ企業「滴滴出行」とすでに提携している。 

滴滴の配車アプリの登録者数は約4億4000万人に達している。同社はウーバーの中国事業も買収しており、世界最大級の事業者に成長した。訪日する中国人観光客の多くが、滴滴の利用者である可能性が高いことから、第一交通では、当面は中国人観光客を主なターゲットに事業を展開する。 

滴滴との提携がスタートしたばかりであるにもかかわらず、同社がウーバーとの提携も進めていることについては、ある事情が関係している可能性が高い。それはソフトバンクの動きである。

プロフィール

加谷珪一

評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

焦点:雇用と企業収益の指標に「水膨れ」疑惑、揺らぐ

ワールド

EUには英国の将来より重要な喫緊の課題ある=仏財務

ビジネス

米集合住宅空室率、第3四半期は4.8%に小幅上昇=

ワールド

在韓米軍次期司令官、米韓演習中止で即応性「わずかに

MAGAZINE

特集:エアライン大革命

2018-10・ 2号(9/26発売)

超長距離のノンストップ飛行から夢の「空飛ぶタクシー」までテクノロジーの進化で急速に変わる空の旅の最新事情

人気ランキング

  • 1

    日本は大坂なおみの二重国籍を認めるべき!

  • 2

    日本発のヤクザゲーム『龍が如く』がアメリカを席巻⁉

  • 3

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチック粒子が

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 7

    米国政治の混乱ここまで 米司法副長官がトランプの…

  • 8

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 8

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 9

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

  • 8

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!