コラム

新天皇を迎える韓国

2019年05月01日(水)08時46分
新天皇を迎える韓国

5月1日、皇居前で新天皇即位を祝う人々。 韓国には、リベラルな前天皇の退位を不安がる論調もある Issei Kato−REUTERS

<平成の終わりとともに、前天皇が望んだ韓国訪問の機会は永遠に失われた。日本政府に課せられた宿題はますます重い>

平成の世が終わり、令和の時代がはじまった。もちろん、今日の元号とは天皇の代替わりにより、新たになるものであり、それ自身が何らかの大きな時代の変化を表すものではない。

しかしながら、事、日韓関係については、この元号の変わり目は一定の意味を有している。何故なら、今年2月の文喜相国会議長の天皇に謝罪を求める発言に典型的に表れた様に、韓国にとって日本の天皇は依然として、特殊な意味を有する存在だからである。

例えば、平成から遡った昭和についてみて見るなら、1926年に即位した昭和天皇は、1945年の終戦まで、実に足かけ20年に渡り、朝鮮半島を支配した大日本帝国の主権者その人であった。だからこそ1989年の昭和天皇の死は、朝鮮半島の人々にとってかつて自らを支配した人物の死を意味していた。日本による朝鮮半島統治は1910年から1945年までの35年で、その半分以上の期間は「昭和天皇の統治」だったからである。

だからこそ、続く平成時代の天皇の即位は、韓国の人々にとって一つの転換点を意味していた。朝鮮半島の人々にとって昭和天皇は、例えばかつて学校に「御真影」を掲げて拝まされたその人に他ならず、現在まで残る植民地支配に対する韓国の人々の思いを考えれば、例えばその韓国訪問は実現困難であった。だからこそ、韓国の人々は昭和天皇の死を一つの時代の終わりだと受け止め、新天皇の即位を新たな日韓関係の大きな転換点となり得るものと考えた。

実現しなかった韓国訪問

そしてその思いは、恐らく新天皇自身も同じだった。だからこそ、その即位直後から天皇の課題として掲げられたのは韓国訪問であり、天皇夫妻もその実現に積極的な姿勢を見せる事となっていた。そもそも天皇は自らの皇太子時代に、実現寸前までこぎつけた韓国訪問が皇太子妃の体調不良で流れる、という事態を経験しており、彼自身にとってもその実現は、自らの父親の残した課題を実現する為にも、また、彼自身の信条としても、強く望まれていた、と言われている。韓国の人々もまた、幼少期にアメリカ人家庭教師から教育を受けリベラルな価値観の持ち主として知られた天皇の即位を歓迎した。1989年、天皇の韓国訪問はすぐにでも実現可能なように思われた。

しかしながら、天皇の韓国訪問は実現せず、この4月30日の退位の日を迎える事になった。日韓両国政府がタイミングを推し量り、時間を浪費している間に、歴史認識問題や領土問題が浮上し、日韓関係が大きく悪化していったからである。即ち、1991年には金学順のカミングアウトにより慰安婦問題が大きく注目されるようになり、2005年には島根県が制定した「竹島の日」を巡って、日韓両国政府は激しく対立した。近年の状況については言うまでもなく、こうして平成時代の天皇の訪韓の機会は永遠に失われる事となった。

プロフィール

木村幹

1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長、神戸新聞客員論説委員を兼任。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『日本の常識は通用しない 慰安婦合意反故「法より正義の国 韓国」』、『朝鮮半島をどう見るか』、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(共著)など。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は小幅続落、新型肺炎は引き続き懸念材

ワールド

米弾劾裁判の民主党、トランプ氏主張のバイデン氏不正

ワールド

新型肺炎患者、日本国内で2人目を確認 都内で入院中

ワールド

トランプ氏、ブルームバーグ氏と批判合戦 陣営の広告

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 5

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 9

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 10

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!