コラム

新天皇を迎える韓国

2019年05月01日(水)08時46分

そして、今、韓国はかつては期待を以て迎えた天皇の退位と、新天皇の即位を迎える事となった。韓国メディアでは天皇の退位を惜しむ声が強く、逆に新天皇に関わる報道は限定されたものとなっている。今日の韓国のメディアにおける平成の天皇は、リベラルな価値観を以て、ナショナリスティックな安倍首相にブレーキをかける存在、として語られる事が多く、故にその退位が日本をしてより民族主義的な方向性へと向かわせるのではないか、という危惧が強まっている。

とはいえ、この様な韓国における前天皇退位・新天皇即位に対する報道の在り方からは、同時に彼等の日本認識に関わる大きな問題も見出す事ができる。それは韓国の多くのメディアが依然として、日本の天皇を何らかの大きな政治的影響力を持つ存在と、漠然と捉えている事である。そしてその様な韓国人の理解の表れの典型こそが、先に挙げた韓国国会議長の天皇への謝罪を求める発言なのである。即ち、そこにあるのは、国際社会から見れば日本の元首に相当するのは天皇であり、だからこそ、日本が謝罪の意を示すなら、天皇が謝罪行為をするのは当然だ、という単純な理解であり、そこには第二次大戦終戦から今日まで積み重ねられてきた、天皇の国事行為を巡る複雑な議論は全く反映されていない。

今も「過去」と結びつく天皇制

そして、この事が意味する事は重大である。つまり、韓国の人々の日本の天皇制に対する見方が、依然として戦前のそれにひきつけられたものである事は、即ち、年間800万人を超える人々が互いに行き来する状況においてすら、日本の基本的な政治制度や社会の在り方が、隣国の韓国にすら理解されていない、という事を意味しているからである。

そして同様の事は他国についても言うことが出来る。重要な事は、日本の社会の在り方は、国際社会には驚くほど知られていないという事であり、前天皇の退位と新天皇の即位、そして元号の交代を巡る日本国内の喧騒が、国際社会をしてさらに日本をして、必ずしも歓迎されない「過去」と連結させて理解される、という事である。国際社会の日本に対する無知を嘆く事は容易であるが、それは同時に日本人が現在の国の成り立ち、より正確に言えば、第二次大戦後、新憲法体制下で既に70年以上を経たこの国をいかなる存在であるかの国際社会に対する説明を怠ってきた事を意味している。

天皇とはいかなる存在であり、それは日本と他国の関係においてどの様な意味を有しているのか。そして他国は新天皇に何を期待する事ができ、また出来ないのか。自らの役回りがきちんと整理されなければ、新天皇にとっての負担も大きくなる。この機会に、日本外交における天皇や皇族の役割について整理し、国際社会に説明していく事が重要なのではないだろうか。

プロフィール

木村幹

1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長、神戸新聞客員論説委員を兼任。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『歴史認識はどう語られてきたか』 の他、『日本の常識は通用しない 慰安婦合意反故「法より正義の国 韓国」』、『朝鮮半島をどう見るか』、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(共著)など。

ニュース速報

ビジネス

都区部コアCPI、6月は前年比横ばい 携帯通信料下

ビジネス

中国配車最大手の滴滴、米上場時の企業評価額600億

ビジネス

米ストレステスト、全23行がクリア 自社株買い・配

ビジネス

米バズフィードがSPAC上場へ、評価額は15億ドル

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 5

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 10

    ファストフード店の近くに住んでも大丈夫...米研究、…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中