コラム

大混乱のスコットランド民族党と独立の行方

2023年04月20日(木)13時05分
ハムザ・ユーサフ

スコットランドの新首相に就任したハムザ・ユーサフは非難を一蹴できる?(4月、訪問先の児童クラブで) ANDY BUCHANAN-POOL-REUTERS

<スコットランド独立を唱え、高い支持を得ているスコットランド民族党(SNP)が党首の辞任や幹部の逮捕で揺れているが>

議論の余地はあるものの、スコットランド民族党(SNP)はイギリスで最も成功している政党だ。英議会ではスコットランドの59議席中48議席を獲得したし、2011年からスコットランド自治政府の政権与党を維持している。直近21年のスコットランド議会選挙では、かつてスコットランド政治で最大勢力だった労働党に、26ポイントの大差で勝利した。それでも今のSNPを一言で表すなら「大混乱」がふさわしい。

ほんの短期間で、あまりに多くのまずい事態が頻発した。同党のカリスマ的リーダー、ニコラ・スタージョン首相は2月、重責のストレスを理由に突然、辞任を表明。その「本当の理由」について、憶測がささやかれた。女性の権利への悪影響が広く懸念されているにもかかわらず、性別変更を容易にする法案をSNPが推進したことが致命傷になったと、多くの人が感じている。

続く新党首争いも対立が絶えず、結局は「踏襲型」候補のハムザ・ユーサフがごく僅差で勝利した。SNP党内は、スコットランド独立という最重要課題に集中すべきだという派閥と、(性別を自ら決められるなどの)急進的・進歩的政策も追求すべきだという派閥に分断された。

なお悪いことに、SNPは資金運営に関して警察の捜査を受けた。スタージョンの夫であるピーター・マレルが3月に党幹部を辞任、さらに4月には資金流用の疑いで逮捕され、後に不起訴で釈放された。新党首は事態の収拾に苦戦し、ハムザ・ユースレス(役立たず)とまで呼ばれる始末。

彼はかつて無保険の車を運転して捕まったことがあるが、その後にスコットランド司法相となり、さらにスコットランドで救急車待ちと診察待ち件数が深刻化した医療崩壊状態(イングランドの件数よりずっとひどい)の時代の保健相を務めた人物ということでイングランドでは有名だ。

それ以前でも、SNPではアレックス・サモンド元首相が在任中の性的暴行容疑で逮捕される騒動があった。サモンドは20年に無罪判決を言い渡されたが、彼の行動は世間から、控えめに見ても不適切だったと捉えられている。一方でサモンド支持者は、失脚を狙ってスタージョン派に仕組まれたのだろうと考えている。

独立がもたらす騒動は避けたい

そんなこんなで、SNPはボロボロで、漂流し、分裂しているように見える。イギリスとの統合維持を支持するユニオニストは、スコットランド独立の大義が大打撃を受けたと考えている。

奇妙なことに、この事態で最も得をするのは労働党のキア・スターマー党首かもしれない。次の英総選挙で労働党が勝つ可能性はかなり高くなっているが、もしもスコットランド議席をSNPから奪還することができれば、さらに勢いづくだろう。対してこの事態で英与党・保守党の票が伸びることはあまりなさそうだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ニューカレドニアの非常事態宣言、28日解除へ 仏大

ワールド

南ア大統領、総選挙控え雇用対策など強調 与党の求心

ワールド

フーシ派が100人超の「囚人」解放、誘拐された民間

ビジネス

インフレ予想押し上げには成功、2%にアンカーする必
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story