コラム

40度超え熱波のイギリスは「暑い夏」仕様にできていない

2022年07月28日(木)13時35分
暑さに戸惑うイギリス人

史上最高の40度を記録したイギリスだが、もともと暑い夏を想定していない国だけに人々は対処法に戸惑い気味(7月19日、ロンドン・トラファルガー広場) Henry Nicholls-REUTERS

<日本の夏の暑さをさんざんイギリスで吹聴してきた僕だが、近年はイギリスも異常な暑さが続き、そのうえ日本とは違って街も人々も暑さへの耐性がまるでできていない>

僕はよくイギリスの友人たちに、だいたいこんな言葉で東京の夏を言い表していた――イギリスでこれまでに経験した最高気温を上回る暑い日が、毎年だいたい100日は続くんだ。

これはたぶん、ちょっと大げさだったかもしれないが、だいたいの感じは伝わったと思う。でも今、僕はそんなことはとても言えない。今日、イギリスで最高気温が40度に達したからだ。数年前までイギリスの最高気温と思われていた温度から約7度も高い。そしてイギリスはここ数年、非常に暑い夏が続いていた。近年では、史上最高気温は2019年に記録された(ケンブリッジで38.7度)。

だから僕がいま言えるのはせいぜい、「東京は大概、イギリスに比べてより暑く、より湿度の高い日がより長く続く」という程度。これではいまいちインパクトに欠ける。

代わりに僕は、なぜちょっとした暑さがイギリス人にとってこんなにも大問題になるのかを、日本の人々に説明しようと思う。それは基本的に、イギリスが暑い気温に対応してできていないから。僕たちは自宅に冷房を備えていない。ロンドン地下の換気システムといえば、単に走行する地下鉄が周囲の空気をまき散らすというだけ。だから地下にいるとすごく暑い。プラットフォームには冷水機すら置いていない。

そして僕たちイギリス人は、この暑さにどう対処していいか分かっていない。僕たちは伝統的に帰宅後や喉が渇いたときにお茶を1杯飲む。平常時なら結構だが、気温35度を超える日に熱い飲み物を飲むのはあまりいいアイデアではない。イギリスの人々は暑いときには特に何も考えず窓を開けて風を入れるものだが、これは気温25度の日にはうまくいっても35度ともなれば逆効果だ。

線路はゆがみ滑走路は溶ける

イギリス人のあまりの暑さ対策音痴ぶりに、僕は驚いた。先日、汗ばむような夜だったので僕はエアコンで涼みながら読書しようとパブに出かけた。当然ながらエアコンはフル稼働していて、僕は壁際の席に座り、本を開き、そして......ラジエーターがオンになっていてそこから放熱されていることに気付いた。

異様なことに、相反する2つのシステムがある意味バトルを繰り広げていたのだ。つまり、冷たい空気を察知して自動的に暖房が入り(冬には有益な仕組みだが冷房している時にこれが作動するのは馬鹿げている)、エアコンがその熱を検知してより強力に冷風を出す。ボイラー経由でガスがこの場を温め、エアコン経由で電気がこの場を冷やし、連鎖的にバトルを繰り広げている。よりによって、空前のエネルギー価格を記録しているこの時期に。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、新宇宙ステーションの模型公開 単独で宇宙開

ビジネス

独ガス料金賦課金制度、導入なければエネルギー市場崩

ワールド

スーチー氏、汚職罪で禁錮6年 ミャンマー裁判所が判

ビジネス

独ガス料金、1家計当たり年間約500ユーロ増に 賦

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

※次号は8/17(水)発売となります。

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 2

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局」は完全に逆転した

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 5

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 6

    「暗号資産」も「仮想通貨」も間違った呼び方です(…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 9

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 10

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中