コラム

100年を迎えた英領北アイルランドの複雑すぎる歴史と現状

2021年06月05日(土)12時15分

それでも、住民投票が行われたりして50.1%が賛同し、アイルランド共和国との統一が宣言されでもしたら、その瞬間にこれまでとはまるで次元の違う暴力と混乱が生まれるだろう。

カトリック系住民が圧倒的多数である国境付近の地域をアイルランド共和国に統合するかどうかを問う「北アイルランドの地位に関する住民投票(border poll)」については何度か話題に上っている。これは合理的に見えるかもしれないが、ここにも新たな問題が生じる。

1つには、(アイルランド統一を望むカトリックの)「ナショナリスト」のテロリストたちが、自らの優勢を確実にするために(イギリス残留を望むプロテスタントの)「ユニオニスト」の世帯を追い出したいとの考えを強めてしまう、つまり「民族浄化」を誘発してしまう、という点だ。これは行き過ぎた懸念などではない。実際に何十年も行われていて、国境地域では多くのプロテスタントの農家が脅され、嫌がらせを受けてきた。反対に言えば、プロテスタント優勢の地域に住むカトリックにとってみれば、アイルランドとの統一の夢は事実上諦めなければならないことを意味する。つまり、カトリックが圧倒的多数の地域をひとたび切り離してしまえば、残りの北アイルランドは再びプロテスタント優勢の地に戻ってしまう。

アイルランド国民はトラブルを望まず

人口動態については、あと2点ほど指摘しておきたい。たぶん、誰しも気付いているかもしれないが、1つには、北アイルランドはこんなにも大きな国際ニュースになっているのに比べて人口がこんなにも小さいということ。その人口はだいたい熊本県と同じくらいだ。もう1つには、イギリスのどの地域に比べても民族的マイノリティーが極端に少ないこと(1%以下だ)。住民全員が家系的にプロテスタント系アイルランド人かカトリック系アイルランド人かのどちらかであり、2つのコミュニティーがめったに交わらないだけに異宗教間の結婚があまりないことが、大きな理由だ。

北アイルランドは時に「アルスター地方」と呼ばれる。これは北アイルランド内でさえ広く使われている簡易表現だが、厳密に解釈すると正確な言葉ではない。アルスターはアイルランドに古くからある4つの地域の1つで、9県から成る。このうち北アイルランドに属する県は6つだけだから、アルスターとはいっても北アイルランドではない地域もあるわけだ。

アイルランド共和国の人々は通常、「北アイルランド」という言い方をしたがらない。彼らは「アイルランド北部」や、単に「北部」と言う。そんなふうにして彼らは、自らの島が分断されて一部をイギリスに組み込まれていることを、ある意味、認めまいとしている。

僕は子供時代いつも、アイルランド共和国の国民はみんな、アイルランド統一を熱望しているものとばかり思っていた。でも、事態はもっと複雑だ。確かにアイルランド共和国の人々にとって、統一という考えには感傷的な愛着がある。でも、僕が初めてアイルランド共和国に旅した時、実際に多くの人々が統一によってトラブルが起こる事態を望んでいなかったことを鮮明に覚えている。

それはつまり、北アイルランドのあらゆる治安問題はイギリスではなくアイルランドの問題であり、アイルランド共和国は大勢の怒れるユニオニストを国内に抱えることになり、その中には決してアイルランド政府の支配を受け入れないことを信条にした自警団的なグループも含まれる(彼らのスローガンは「決してアイルランド政府のルールは受け入れず」だ)、ということを意味する。イギリスが直面しているのと、ちょうど表裏一体の問題を抱えているわけだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

米、外国人渡航者にワクチン接種義務付けを計画=政府

ビジネス

米インフラ法案、数日内に最終採決も 5日のCBO見

ビジネス

ウーバー、第2四半期は赤字拡大 運転手奨励金が圧迫

ビジネス

FRB当局者、予想より速い支援策縮小を示唆 見解は

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中