コラム

英BLM運動、偉人像攻撃の耐えられない単純さ

2021年03月04日(木)17時00分

オリバー・クロムウェルにはジェノサイドの汚名も Matthew Childs-REUTERS

<イギリスでは昨年から銅像引き倒しが続くが、アイルランド系イギリス人の視点で見れば、黒人目線だけで複雑な歴史上の人物に評価を下すのはあまりに一方的だ>

英南西部ブリストルでは、奴隷貿易商のエドワード・コルストンの像が川に投げ込まれた。ロンドンでは、チャーチル元首相の像に「人種差別主義者」の落書きがされた。オックスフォード大学では、帝国主義者のセシル・ローズの像をオーリエル・カレッジから撤去すべきとの声が上がっている。「ローズを撤去せよ」は、BLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)運動のスローガンになっている。

これを受けてローズ像の処遇を検討するための委員会を立ち上げたオーリエル・カレッジは今年、報告書を発表することになっているし、2月にはロンドンのカーン市長が首都の公共空間での「多様性改善」(像や通りの名称を再検討する)委員会を発足させた。カーンがこの計画を発表したのは、昨年6月にコルストン像が引き倒されてから数日以内のこと。つまり、昨年の銅像襲撃が、現在の政治的議題を動かしていることになる。そして「独立」委員会は、有色人種や抗議行動に共感する人々を重視し過ぎている。

僕と同じくアイルランドにルーツを持つイギリス人の多くもそうだろうが、この件で僕が最初に感じたのは、じゃあ、僕たちが壊したい像、説明書きを書き換えたい像はどうなるの? というものだ。

例えば、ロンドンの国会議事堂前に堂々と像が立つオリバー・クロムウェルを考えてみよう。彼はアイルランドで1649年、その残虐さで悪名高き鎮圧部隊を率いた。市民は虐殺され、土地は没収されて彼の臣下に与えられ、多数派のカトリック教徒に差別的な刑法が制定された。何千人ものアイルランド人が奴隷労働のために植民地へと送られた。戦争を機に飢餓と疫病が起こり、おびただしい数のアイルランド人が死亡した。

クロムウェルのアイルランド鎮圧を「ジェノサイド(集団虐殺)」と呼ぶ人もいれば、もう少し軽く「戦争犯罪人」で済ませてやる人もいる。最大限寛大に見ても、彼は正当な理由でアイルランド人から憎まれているのだ。

黒人の怒りだけが基準なのか

ジョン・ラッセル卿は厳密にはアイルランド人の敵ではないが、それでも大災厄の「ジャガイモ飢饉」時期の大半で英首相を務めていたから、アイルランドの大量死に責めを負う部分もある。推計100万人が餓死し、さらに100万人が移住を余儀なくされて、アイルランドの人口は1845~51年のたった6年間で約4分の1減ったことになる。ラッセルの像は国会議事堂の豪勢な「中央ロビー」に飾られ、議員たちのインタビューの際にはよくテレビに映し出されている。

アイルランドの人々を苦境に陥れた極度の貧困は大部分がイギリスの統治によってもたらされたから、この飢饉は時にジェノサイドに例えられることもある。アイルランド人は自らの国で小作農として働き、イギリス人貴族に地代を払っていた(地主の多くはアイルランドの所有地を訪れることすらめったになかった)。飢饉の発生時、英政府の対応はひどく不十分だった。ビクトリア朝の繁栄期にあって、イギリス人の支配下にある大勢の人々があばら家を追い立てられ、道路脇で死んでいったのだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

ビジネス

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国軍支援があぶり出した「平和国家」の血の匂い

  • 4

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 10

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中