コラム

コロナに住宅購入資金まで奪われるイギリスの若者たち

2020年04月29日(水)13時00分
コロナに住宅購入資金まで奪われるイギリスの若者たち

イギリス人は自分の家を手に入れることを目標にしていて、それまで子供を儲けるのを先延ばしにすることが多い Peter Nicholls-REUTERS

<イギリスでは失業手当などを含む包括的福祉手当は、一定の貯金がある人は受け取ることができない......馬鹿を見るのは、真面目に働いて家を買うためコツコツ貯金してきた人たち>

ロックダウン(都市封鎖)以来毎日、僕は1つ、また1つと新たなことを心配している。つい最近気になっていたのは、学校閉鎖の影響で労働者階級の子供たちの地位上昇の機会が奪われかねないことだった。今、僕が気になるのは、住宅購入のために貯蓄する若者のことだ。

イギリスの社会保障制度には、倹約を罰するという奇妙なゆがみがある。1万6000ポンド(約210万円)の貯金がある人は、ユニバーサル・クレジット(失業手当などを含む包括的な福祉手当)を受給することができない。通常時なら、それも理にかなうだろう。失業手当に甘んじることを、あまり魅力的な選択肢にすべきではない。納税者のカネが、十分な銀行預金残高を持つ怠け者に流れるなどもってのほかだ。

でも、新型コロナウイルスは全てを変えてしまった。それ以前はイギリスの失業率は格段に低く、つまり失業は「あえて選択」しているか、一時的な状態を指していた。それが一瞬のうちに、普通の働き者の人々が仕事を奪われ、自営業者の稼ぎが消え去っている。

イギリスの住宅価格は今、歴史的に見てもとても高い水準になっている。人々が最初の家を買う平均年齢は、今回のコロナ経済危機が起こる前から既に上昇し、10年前には31歳だったのが今では33歳になっており、今後10年で40歳にまで上がるだろうと予測されている。10年前なら、25~34歳の若者の半分以上(55%)が家を持っていた。今やその数字は38%だ。

これは単に経済的な問題というだけではない。イギリスの人々は、自分の資産――できればアパートよりも持ち家(たとえどんなに小さな家であろうと)で庭付き(たとえどんなに小さな庭であろうと)のものが手に入るまで、第1子を儲けるのを持つ。だから子供を持つのを先延ばしにする人々もいれば、ついに機会を失う人々もいる。

貯金ゼロの浪費家はすぐ受給できるのに

イギリス人男性にとって、わが家は城である、とはよく言われる。家を持つことは、自分が大人になったような、人生のステージを「達成した」ような実感を与えるものだ。それが今や、達成するのが著しく困難な夢になっている。

この世代の人々は皆、20代と30代初めの時期を「住宅購入の頭金をかき集める」のに精いっぱいになって過ごしてきた。住宅ローンでは最低5%程度の頭金が要求されるが、ほとんどの人が10~15%の頭金を用意しようとする。そのほうが有利な契約を結べるからだ(金利も低くなるし月々の返済もより手ごろな額になる)。ロンドンの外の典型的な小さな家はだいたい20万ポンド(約2650万円)くらい。ロンドンではぐっと値上がりし、60万ポンド(7900万円)くらいになったりする。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

中国、柔軟かつ的を絞った金融政策を下期に進める=人

ビジネス

JALの4─6月期、09年に次ぐ規模の最終赤字 通

ワールド

豪、自宅待機手当導入へ ビクトリア州は小売など営業

ワールド

ジョン・ヒューム氏死去、北アイルランド和平への貢献

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!