コラム

コロナに住宅購入資金まで奪われるイギリスの若者たち

2020年04月29日(水)13時00分

イギリス人は自分の家を手に入れることを目標にしていて、それまで子供を儲けるのを先延ばしにすることが多い Peter Nicholls-REUTERS

<イギリスでは失業手当などを含む包括的福祉手当は、一定の貯金がある人は受け取ることができない......馬鹿を見るのは、真面目に働いて家を買うためコツコツ貯金してきた人たち>

ロックダウン(都市封鎖)以来毎日、僕は1つ、また1つと新たなことを心配している。つい最近気になっていたのは、学校閉鎖の影響で労働者階級の子供たちの地位上昇の機会が奪われかねないことだった。今、僕が気になるのは、住宅購入のために貯蓄する若者のことだ。

イギリスの社会保障制度には、倹約を罰するという奇妙なゆがみがある。1万6000ポンド(約210万円)の貯金がある人は、ユニバーサル・クレジット(失業手当などを含む包括的な福祉手当)を受給することができない。通常時なら、それも理にかなうだろう。失業手当に甘んじることを、あまり魅力的な選択肢にすべきではない。納税者のカネが、十分な銀行預金残高を持つ怠け者に流れるなどもってのほかだ。

でも、新型コロナウイルスは全てを変えてしまった。それ以前はイギリスの失業率は格段に低く、つまり失業は「あえて選択」しているか、一時的な状態を指していた。それが一瞬のうちに、普通の働き者の人々が仕事を奪われ、自営業者の稼ぎが消え去っている。

イギリスの住宅価格は今、歴史的に見てもとても高い水準になっている。人々が最初の家を買う平均年齢は、今回のコロナ経済危機が起こる前から既に上昇し、10年前には31歳だったのが今では33歳になっており、今後10年で40歳にまで上がるだろうと予測されている。10年前なら、25~34歳の若者の半分以上(55%)が家を持っていた。今やその数字は38%だ。

これは単に経済的な問題というだけではない。イギリスの人々は、自分の資産――できればアパートよりも持ち家(たとえどんなに小さな家であろうと)で庭付き(たとえどんなに小さな庭であろうと)のものが手に入るまで、第1子を儲けるのを持つ。だから子供を持つのを先延ばしにする人々もいれば、ついに機会を失う人々もいる。

貯金ゼロの浪費家はすぐ受給できるのに

イギリス人男性にとって、わが家は城である、とはよく言われる。家を持つことは、自分が大人になったような、人生のステージを「達成した」ような実感を与えるものだ。それが今や、達成するのが著しく困難な夢になっている。

この世代の人々は皆、20代と30代初めの時期を「住宅購入の頭金をかき集める」のに精いっぱいになって過ごしてきた。住宅ローンでは最低5%程度の頭金が要求されるが、ほとんどの人が10~15%の頭金を用意しようとする。そのほうが有利な契約を結べるからだ(金利も低くなるし月々の返済もより手ごろな額になる)。ロンドンの外の典型的な小さな家はだいたい20万ポンド(約2650万円)くらい。ロンドンではぐっと値上がりし、60万ポンド(7900万円)くらいになったりする。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国製造業PMI、6月は51.7に上昇 1年1カ月

ビジネス

景況感、非製造業が製造業を逆転 原材料高が重し=6

ワールド

中国の対ロ軍事支援見られず、商務省措置は通常対応=

ワールド

22年路線価は0.5%上昇、2年ぶりプラス コロナ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てるも却下される

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 8

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 7

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 10

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中