コラム

イギリス人がパブにも行かず自宅待機するのはある理由から

2020年03月25日(水)13時55分
イギリス人がパブにも行かず自宅待機するのはある理由から

ジョンソン英首相は3月23日に演説し、イギリス国民に事実上の外出禁止を呼び掛けた Andrew Couldridge-REUTERS

<休校やスポーツイベントの中止、パブすら閉鎖におとなしく従うのは、ただひたすら「私たちの国民保健サービス(NHS)」を守るため>

イギリス国民はほんの数日の間に、「平静を保ち普段の生活を続けよ(でも手はよく洗って)」という段階から「こもってパニックせよ」という段階に移行した。ちょっと前にはボリス・ジョンソン英首相が、自分は喜んで人と握手する(たとえそれが感染者のいる病院関係者であろうと)と話していたが、今となっては他人との身体的な接触は狂気の沙汰だと考えられている。サッカーやその他のスポーツ、学校も続行されるとされていたが......今では全て中止になった。

名勝史跡保存団体のナショナル・トラストは、この新型コロナウイルス危機の渦中で、人々が気晴らしに散歩し、体を動かせるようにと、所有する全ての庭園を開放すると宣言したが、今や日用品の買い出し以外で外出すること自体が無責任の極み、といった雰囲気になってしまい、友人と会うことさえできなくなってしまった。

当初のプランは合理的に思えた。経済を傷つけず、何週間もぶっ通しでの巣ごもりは勧告せず、過剰反応をせず、というものだ。でもよく言われるとおり、「戦略とは敵の最初の襲来で消え失せる」。基本的に、新型コロナウイルスはヨーロッパ各国の保健医療システムを制圧しながら急速に広がっており、イギリスも抜本的な対策でも取らない限りは、ヨーロッパ諸国と同じ方向へと向かっている。

多くの人がいぶかしんでいるのが、イギリス人は果たして、そう簡単にパブにも仕事にも学校にも行かず、家に閉じこもっていられるのか、ということだ。それはあまりにイギリス人らしくない。イギリス人がそんなことをしようとするのは、先回りをして(事態が拡大する前に)行うというより、あくまで事後的に(たとえば自分の近隣で死者が出た後などに)行う場合だけだったのではないかと思う。

ところが今や人々は、3月23日の外出禁止令が発表される前から既に、そうした行動を取り始めている。このウイルスが、20代や30代の若者にとっては生死にかかわる脅威ではないことがよく知られているから、人々の行動が自衛のためだったとは思えない(ほとんど風邪程度の症状をもらうかもしれないからと言って、彼らがパブやクラブに行くのをためらうだろうか?)。自分が何らかの症状を持っている場合は他人との接触、特に高齢者との接触はご法度だということは既に浸透しているから、この行動が利他的なものだったとも思えない。

警告や罰金よりも効果あり

それでは何だったのかと言えば、国民保健サービス(NHS)、あるいは皆が言うところの「私たちのNHS」への支持表明だろう。NHSはイギリス人に愛されている機関だ。おそらくこの1点に関しては、僕たちイギリス人は皆、意見が一致している。つまり、わが国にNHSがあることは幸運であり、1945年に労働党に投票した偉大なる戦争世代の人々から受け継がれた機関であり、医師も看護師もその他スタッフも国民の健康のために無私無欲で貢献してくれている英雄である、という点だ。必要な時にすぐに医師の診察を受けられないようなときでも(イギリスではよくあることだ)、それは医師のせいではなく、NHSが資金不足に苦心しているせいだ、と判断される。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

富士フイルム、新型コロナ治療で臨床試験開始 増産も

ビジネス

米フォード、北米工場の再開延期 新型コロナ巡る懸念

ビジネス

ANA、客室乗務員6400人の一時帰休で労組と合意

ワールド

中国、新型コロナ無症状感染者を公表へ 30日時点で

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官房長官、ネット上の噂を否定

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 6

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    緊急公開:人類と感染症、闘いと共存の歴史(全文)

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 8

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 9

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 10

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 5

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!