コラム

イギリスで「使い捨て」が流行語大賞になったわけ

2018年12月11日(火)18時40分
イギリスで「使い捨て」が流行語大賞になったわけ

エリザベス英女王はバッキンガム宮殿など王室施設でプラスチック製品の使用を廃止する指示を出した(写真はイベントで展示されたペットボトルのインスタレーション) Dylan Martinez-REUTERS

<環境意識の高まりから特に使い捨てプラスチック問題に注目が集まるイギリス。王室レベル、市民レベルでも具体的な動きが始まっている>

イギリスの今年の「流行語大賞」には、「使い捨て」が選ばれた。今やほぼいつでも「プラスチック」とセットで使われるようになった言葉だ。数年前なら「使い捨てプラスチック」なんてほとんど耳にしなかったのに今は頻繁に使われている言葉だから、うまい選択だと思う。

選出された1つの大きな要因は、昨年末に放送されたBBCのドキュメンタリーシリーズ『ブルー・プラネット2』だ。そこでは、プラスチックが海と海洋生物に及ぼす恐ろしい影響が紹介された。この番組は大いに議論を呼び起こし、多くのイギリス人はプラスチックの使用、特にビニール袋の使用を減らすべく努力するようになった。

エリザベス女王は、バッキンガム宮殿やその他の王室施設でのプラスチック製品の使用を廃止するよう指示を出した。イギリス全土でプラスチック製ストローや、プラスチックの柄の付いた綿棒を禁止する方針も発表された(どうやらイギリス人は年間18億本も綿棒を使うらしい)。イギリスで最も人気の紅茶、PGティップスは間もなく、プラスチック不使用のティーバッグのみを販売する予定だ(ティーバッグの消費は年間90億個)。これは、ウェールズのある消費者の請願書から火が付き、メーカーが動いたことで実現した。

ティーバッグにプラスチックが含まれているなんて思いつきもしなかったから、PGティップスの件は僕も驚いたし大勢のイギリス人も驚いただろう(発起人のウェールズの男性は、使用済みのティーバッグを庭の堆肥に使っていたが、他のごみのように分解しなかったので気付いたらしい)。

同じように僕は今年になって初めて、自分が買う牛乳のプラスチック製容器や調理済み食品のプラスチック製の箱が実質、リサイクルされていないことに気づいた。これらがまた容器や箱に生まれ変わることはない。せいぜい他のプラスチック製品に「ダウンサイクル」される程度だろう。それまで僕は、自分はゴミの分別を徹底しているからかなり道徳的なほうだと自負していた。だが今や、プラスチックごみを出すときにむしろ罪悪感を覚えるようになっている(2週間に1枚のペースで、容量75リットルのごみ袋がつぶしたプラスチックごみでちょうど満杯になる量だ)。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)など。最新作は『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 8

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!