コラム

日本に提案する新規ビジネス

2011年04月27日(水)14時12分

 僕には商才があるとはいえないだろう。

 若い頃は金儲けの方法としていろいろ馬鹿げたことを考えた。近頃は誰もかれもがテスコで買い物するから自分もスーパーマーケットをやろう、とか。ヨーロッパ各地を旅して名所の写真を撮り、ロンドン郊外のロンフォードの店で1枚35ペンスで売ろう、とか。サンドイッチの店を始めれば、材料費はパン2枚とチーズで20ペンス足らず、サンドイッチは2ポンドで売れるぞ(差額はすべて儲けだ)、とか。

 カネを稼ぐことを甘く考えていた自分の青臭さがきまり悪く、年齢を重ねるにつれて僕はすっかり悲観的になった。あるとき友人が、珍しがられるような日本製品を僕が日本から輸出し、彼がオークションサイトのeベイで売るのはどうだろう、と持ちかけてきたことがある。僕は為替リスクや関税規定や送料などを心配し、危険を冒そうとはしなかった──だから何も得られなかった。銀行家の友人が僕のあるアイデアを気に入り、融資すると言ってくれたこともある。僕は迷いに迷い、融資の話は結局お流れになった。

 そんな僕が日本にビジネスの提案をするなんて、とても気が引ける。ただイギリスじゅうで見かけて、いいアイデアだと思うのに、日本では見かけないから、参入する余地があると思う。

■不要なモノを有効活用 

 僕の提案はいたって単純、チャリティーショップだ。慈善団体が運営し、リサイクル品などを扱う店で、イギリスの大通りには必ずと言っていいほどある。ごく普通の市街地に7~8店あることも。主だったところでは障害者支援団体のScope、心臓病支援基金(BHF)、オックスファム、PDSA(低所得者のペットを治療する獣医師の慈善団体)などのショップだが、ほかにも何十種類もある。

 僕がよく行くのは猫の保護や里親探しなどをしている団体「キャットレスキュー」のショップ。僕が猫好きだからというのもあるが、本の価格設定システムが実にすばらしいからだ。どの本も定価の10%でとてもお買い得。これぞと思う逸品を見つけたけれどお値段のほうも立派でほかの本の3倍だ、なんてことになる心配もない。

 チャリティーショップなら「寄付する」ことが簡単にできる。方法は2つあり、どちらの方法でも人助けができる。1つは、要らなくなったモノをショップに寄付する方法だ。もう二度と着ない服、読んで気に入らなかった本、見終わったDVD、古くてかさばるティーポット......(どういうわけか、ドイツ土産でありがちな凝った細工のビアマグがしょっちゅう寄付される)。

 日本にいた頃はマンションの部屋にいらないモノがあふれ、引き取ってくれるところもなく、欲求不満に陥っていた。片付けたいが、モノを無駄にするのは嫌だった。チャリティーショップがあれば一挙両得、おまけに人助けにもなる。

 チャリティーショップで寄付をするもう1つの方法はもちろん、モノを買うことだ。僕はもっぱら本を買う──いくつか掘り出し物もあった。図版入りのアイルランドの歴史書、ビクトリア朝のロンドンで貧しい人々に取材して貧困の実態を記録した有名な本の復刻版、イギリス人に関する人類学的研究の本......。でも装飾品や実用品も買った。

■肩肘張らないチャリティーを

 チャリティーショップのスタッフのほとんどはボランティアだ。失業中の人は働く意欲と社会の役に立ちたい気持ちを示せて、実際に職探しにも役立つ。もっとも、ほとんどのスタッフは善意でやっている。

 なのに、どうして日本にチャリティーショップがないのだろう。部屋にはモノがあふれすぎている。人々は親切で気前がいい。物価は高すぎで、必要なものが安く手に入ればさぞかしありがたいだろうフリーターや学生が山ほどいる。

 イギリスではチャリティーショップは何も貧しい人々のための場所ではない。通常のショッピングの手段の一つだ。何もかもが新品である必要はない。チャリティーショップで買い物をするのは楽しいくらいだ。おしゃれなエリアなら、服のコーナーで本当にいい物が見つかることがある。学園都市では、質の高い本に出合えるかもしれない。

 日本にチャリティーショップがない理由は単純なのかもしれないが、商才のない僕には分からない。そんな僕が提案だなんておこがましいが、今の日本には助けを必要としている人が大勢いる。東北の人はもちろん、大都市のホームレス、障害者、十分なケアを受けられない高齢者......。

 僕は過去6カ月間にチャリティーショップを通して、それまでの6年間を上回る寄付をした。そしてその上、いい買い物もできた。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

米政府、豪ビクトリア州から鳥類輸入禁止 鳥インフル

ワールド

中国首相、日韓との包括的な協力再開呼びかけ

ビジネス

午前の日経平均は反発、米株高の流れで 買い一巡後は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story