コラム

税率アップでイギリスは倹約経済へ

2011年01月07日(金)12時35分

 僕がこのブログを書いている1月4日、イギリスでは僕の人生で3度目となる付加価値税の税率引き上げが行われた。VATと呼ばれるこの消費税の税率が7.5%から15%へと倍増されたのは、僕が子供だったとき。だが今や、その税率は20%にまで増加した。日本の消費税が3%から5%に値上がりしたくらいで当時の日本人があんなに怒っていたのが理解できないくらいだ。

 イギリス経済は今、ひどく苦境にあえいでいるように見える。労働党は政権時の好景気の時代に、債務をいくらか削減しようとする代わりに財政赤字を膨らませた。次いで起こった2008年の金融危機を逃れるため、今度は大規模な銀行救済と一連の景気刺激策を行った。

 今のイギリスには、増税してもっと税収を増やすことと、公共支出を減らすことの両方が必要だ――そう考えている点において、新たに政権についた保守党は正しいといえるだろう。問題は、彼らが支出を大胆にカットできずにいること。さらにVATもここまで上がると人々の買い控えが始まり、税収はさほど伸びない段階へと突入するだろう。これは、僕にも少なからず当てはまる。ここ数カ月、僕は本当に必要な物以外はめったに新しいものを買わなくなっているからだ。

■カネの不要なイギリスライフ

 イギリスは「カネを使わない」選択をして生きるには本当にいい国だ。あらゆる目抜き通りにはたくさんのチャリティーショップが並び、お目当ての古本を探せる。僕はクリスマスプレゼント用の素敵な花瓶も手に入れた。

 イギリスではジムに行かなくても、ウオーキングやランニングにうってつけの美しい公園や田園地帯がある。まだ暖かかった季節には、かの有名な「トランクセール」を見て回ったり、そこでちょっとした買い物をしたりするだけで、僕は物欲を満たすことができた。日用品から少し変わった物までありとあらゆる品々を人々がただ同然の値段で売る、かの有名なフリーマーケットのことだ(本棚を2ポンドで購入したし、コーヒーポットの一種、カフェティエールは1ポンドで手に入れた)。

 僕は縫い物のやり方や、さまざまな生鮮食品の最適な保存方法まで身につけはじめた。最後にした大きな買い物といえば、ビールの自家醸造キット。これを使えば自家製ビールを0・5リットル当たり約40ペンスで作ることができる。

 などと言うと、けちで気難しい老人みたいに思われることは十分承知の上だ。それでも実際のところ、僕はこの状況をけっこう楽しんでいる。僕は自家製ビールを初めて試す時を心待ちにしている。「古いものを修理して使う」ことや、倹約の精神を学ぶことには確かな喜びがある。今でもパブに行ったりたまにレストランで食事したりするけれど、そんな時には以前より特別なごちそうに感じられる。

 もちろん、イギリス人全員がこうだとは言っていない(ましてやイギリスは長年浪費にどっぷり浸かってきた国だ)。それでも僕の知人のほぼ全員が、工夫次第で何年でも使えそうなものを家中にため込んでいる。

 政府にしてみれば、経済を活性化し、税収を確保し続けるためには、人々がカネを使い続けることが必要だろう。だが、すでに高い物価に「ぼられている」と人々は怒りを口にしているし、その上VATまで20%へと吊り上げられた。こんな時代に多くのイギリス人が取る行動は......おそらく僕と同じだろう。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)など。最新作は『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ビジネス

アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導

ビジネス

焦点:米国、日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非

ワールド

焦点:米関税免除の代償に苦しむ韓国鉄鋼界、日本と明

ワールド

米司法副長官、トランプ大統領の解任発動提案 秘密録

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    米関税免除の成功に沸いた韓国鉄鋼界 代償の割り当て枠で苦境、日本と明暗

  • 2

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが電撃退任

  • 3

    中国婚活ブームの意外な仕掛け人は共産党

  • 4

    北方領土をめぐって交錯する日本とロシアの思惑

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    沖縄県知事選挙に吹く、新しい風

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!