コラム

オリラジ藤森「コミュ力モンスター」の面目躍如

2021年03月05日(金)20時00分

HISAKO KAWASAKIーNEWSWEEK JAPAN

<本書はコミュ力を高めるとどこまでいけるのかという問いを、藤森慎吾という1人のお笑い芸人を通して考えることができる稀有な一冊である。そして、彼が教えてくれるのは「人に頼ることがもっと大事」ということだ>

今回のダメ本

ishido^web210305.jpgPRIDELESS(プライドレス)受け入れるが正解
藤森慎吾[著]
徳間書店
(2021年1月)

コミュニケーション能力という言葉がある。就職活動中に、やたらと聞かされて辟易したという人も多いだろう。学生に求めたい力は「コミュニケーション能力」と企業の人事担当者は言うのだけど、具体的に何を指すのかがまったく分からないとみんな思っていたらしく、ついには「コミュ力」と揶揄されるような略称が定着した。

本書はコミュ力を高めるとどこまでいけるのかという問いを、藤森慎吾という1人のお笑い芸人を通して考えることができる稀有な一冊である。私は、藤森こそ最強の「コミュ力モンスター」だと思うに至った。一世を風靡したチャラ男キャラは彼の地の部分をカリカチュアしたものだ。その本質は付いていくべき先輩たちを見極め、彼らの話を素直に聞き、相手を肯定して、場を盛り上げることにある。

今や芸人ユーチューバーの先駆け的存在になった中田敦彦とのコンビ、オリエンタルラジオが一時売れなくなったときのエピソードが象徴的だ。藤森は吉本興業の先輩芸人たちと飲みに行き、関係を深めていった。そこから得られた教訓は誰彼かまわず仲良くなっていくのではなく、ウマの合う人たちと仲良くなろうとか、スマホにネタのメモを作るといった努力を一応はできる限りやるが、それだけでは限界があるので人に頼ることがもっと大事だというものだ。

「ぼくはちっぽけな自分のプライドなんて捨てて、ひとに頼って生きてきた」「メモにはプラスのことしか書かないと決めている」

何かを実現したいという理想も抱かず、悪口も言わない。夢を聞かれれば「いつかは大河ドラマに出たい」と漠然としたことを言う。YouTubeやオンラインサロンを始めてみるなど中田のまね事も欠かさない。周囲の和は決して乱さない。これぞコミュ力である。彼にとって、相手を否定しないことは、キラキラした中田の横にいた自分の存在を肯定することだ。

プロフィール

石戸 諭

(いしど・さとる)
記者/ノンフィクションライター。1984年生まれ、東京都出身。立命館大学卒業後、毎日新聞などを経て2018 年に独立。著書『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)が読売新聞「2017年の3冊」に選出される。2019年より東京大学非常勤講師。本誌の特集「百田尚樹現象」で、2020年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を受賞。新著に『ルポ 百田尚樹現象――愛国ポピュリズムの現在地』(小学館、2020年6月)。

ニュース速報

ビジネス

中国スマホ出荷、3月は前年比67.7%増 コロナ前

ビジネス

中国の3月新規融資は予想上回る、社会融資総量は伸び

ビジネス

フランス水事業ベオリアとスエズが合併で合意、150

ワールド

EU、中国のアルミ製品に暫定的な反ダンピング関税を

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中