コラム

アラブ世界に黒人はいるか、アラブ人は「何色」か、イスラーム教徒は差別しないのか

2020年07月22日(水)18時05分

巡礼におけるこの鮮烈な体験は、マルコムXがNoIを離れ、スンナ派イスラームに接近するきっかけになったともいわれている。そして、マルコムXは、NoIからの離脱が原因で1965年、NoIのメンバーにより暗殺されてしまう。

では、はたしてイスラームは、マルコムXが感じたように、肌の色とは無縁の、アッラーのまえでの全人類の平等を唱える宗教であろうか。理念的にいえば、そうであろう。ただ、たとえ理念や教義がそうであっても、イスラームを信仰するすべての信者たちがその理念・教義をきちんと遵守しているわけではない。

セムの子孫から預言者が、ハムの子孫からは奴隷が生まれる

たとえば、イスラームは、ユダヤ・キリスト教の神話体系をある程度受け継いでいるのだが、黒人の起源を、箱舟伝説で有名な旧約聖書のノアの息子、ハムに求めている。ハムが父ノアの怒りをかったり、その子孫をアフリカと結びつけたりする考えかたは、ユダヤ教やキリスト教にもある。イスラームの神話では少し変化して、ノアが箱舟のうえで寝ているとき、風が吹いて、着物の裾がはだけて、陰部が露出してしまったのをハムが笑ったため、父が怒って、ハムの肌の色を変え、顔が黒くなるよう呪ったという物語になっている。

一方、兄弟のセムは、はだけた裾を覆い隠したので、父はそれを善しとし、彼や彼の子孫がこの世の悪から守られ、祝福されるよう祈ったという。重要なのは、ノアはさらにセムの子孫から預言者や貴顕たちが生まれ、ハムの子孫からは奴隷が生まれ、そしてもう一人の兄弟であるヤペテから王や皇帝が生まれるよう祈ったとされていることだ。

イスラームの神話では、セムの子孫からはユダヤ人やアラブ人が生まれ、ヤペテの子孫からはトルコ人、ペルシア人、ヨーロッパ人が生まれたとするのが一般的だ。そして、ハムの子孫は、ノアに呪われた結果、黒人が生まれるようになったというのである。黒人、ヌビア人、ベルベル人、インド人など肌の黒いものはみなハムの子孫だそうだ。

資料によってさまざまな異同はあるものの、父の呪いの結果、黒人から奴隷が生まれるという部分は共通している(資料によっては、最後の審判の日までそのままというものまである)。ちなみに、ハムが呪われて黒人に変えられたという話はクルアーン(コーラン)には出てこない。後世、何らかの歴史的事実を背景に追加されたものであろう。

『白人に対する黒人の優越』を書いた文人、黒人蔑視をした知識人

世界史の教科書にも登場する有名な事件に、西暦9世紀ごろに断続的にイラクで発生した黒人の反乱がある。バグダードを首都としたアッバース朝は、大量の黒人奴隷をアフリカから購入し、イラクに連れてきて、重労働をさせたが、そのあまりに過酷な労働環境から、奴隷たちが反乱を起こした。しかし、最終的には反乱は武力で鎮圧されてしまい、奴隷たちももとの重労働に戻されてしまう。これが世にいう「ザンジュの乱」だ。

【関連記事】スタバも、スバルも、人種差別主義者なのか?

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ワールド

日米首脳、台湾やウイグル問題など中国巡り議論 半導

ワールド

日米首脳会談、台湾海峡の平和と安定の重要性で一致と

ワールド

バイデン氏「日米が中国への対抗で協力」、菅首相と首

ビジネス

米ダウ・S&P最高値更新、底堅い指標や企業決算で

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 6

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中