コラム

アラブ世界に黒人はいるか、アラブ人は「何色」か、イスラーム教徒は差別しないのか

2020年07月22日(水)18時05分
アラブ世界に黒人はいるか、アラブ人は「何色」か、イスラーム教徒は差別しないのか

Vectorios2016-iStock.

<Black Lives Matter運動のニュースはアラブ世界でも大きく扱われている。かつてマルコムXはイスラーム教は平等を唱える宗教だと感動した。しかしイスラームの神話では、呪いの結果、黒人から奴隷が生まれるとしていたし、黒人は動物に近く、生来の奴隷だと見る知識人もいた>

米国に端を発した「黒人の命は大切(Black Lives Matter)」運動は世界各国に波及している。アラブ世界においてもこの運動に関するニュースは大きく扱われており、関心の高さがうかがえる。

民族的、あるいは形質人類学的にアラブ人がどう定義されるのか、わたし自身アラブのことを専門的に研究しているにもかかわらず、実はよくわかっていない。アラブ人の多くはコーカソイドだと思うのだが、いわゆる肌の色でいうと、白人ではないだろう。

アラブ人自身はしばしば自分たちは「茶色」だと主張していた。これはおそらく多くの日本人にとっても何となく納得できるんではないだろうか。あるいは、白人、黒人、黄色人種以外のものが存在すること自体、まったく想定していない人もいるかもしれない。

とはいいながら、実際にはアラブ人は形質的には千差万別で、白人のように肌の白い人もいれば、黒人のように黒い人もいる。サウジアラビアには、明らかにモンゴロイドの特徴をもっている人さえ存在する。サウジアラビアの「アジア系」アラブ人の多くは新疆ウイグル自治区を含む中国や旧ソ連の中央アジア諸国からの移民である。

これだけばらつきがあると、唯一の共通点はアラビア語(正しくはその方言)を母語とする、というぐらいかもしれない。

畑違いなので、単なる印象論でしかないが、おそらく「原アラブ人」のようなものは存在したのであろう。しかし、長い歴史のなかで、さまざまな民族と混血が進み、現在のアラブ人が形成され、今やアラビア語をしゃべるというだけが全体を包括する特徴になってしまったというところだろうか(もちろん、移民などで中東から移住した「アラブ人」のなかにはアラビア語をしゃべれない人も存在するはずだ)。

仮にアラビア語をしゃべるのがアラブ人だとすると、彼らのあいだでは、肌の色とは無関係に同じアラブ人だという認識が共有されるのであろうか(ちなみに同じことはイラン人にもいえる。イランには少数だが、黒人のイラン人もいるからだ)。

マルコムXはマッカ巡礼でアッラーのまえでの平等を体験した

また、宗教と肌の色の関係はどうだろうか。米国には、黒人による「イスラーム」運動である「ネーション・オブ・イスラーム(NoI)」という組織がある。NoIは、奴隷になるまえに黒人たちがイスラームを信仰していたという信念のもと、白人への嫌悪を露骨に示すとともに、白人に対する黒人の優越を説いた。

しかし、その代表的なイデオローグであったマルコムXは、マッカ(メッカ)巡礼にいった際、ムスリム(イスラーム教徒)たちが、肌の色と関係なく、自分を受け入れてくれ、また巡礼にきた、さまざまな肌の色をしたムスリムたちが、肌の色と無関係に同じ儀式に参加し、同じ価値観を共有するのを目の当たりにして、ムスリムはみなアッラーのまえでは平等だということに感動したとされる。

【関連記事】ディズニー恐るべし、『アラジンと魔法のランプ』は本当は中東じゃないのに

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

焦点:今年の株主提案は環境が「主役」か、鍵握る資産

ワールド

サウジ皇太子、カショギ記者殺害を承認 米が報告書

ワールド

米FDA諮問委、J&Jワクチンの緊急使用許可を勧告

ビジネス

米国株まちまち、ナスダック小反発 ハイテク株が盛り

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 4

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 5

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!