コラム

アラブ世界に黒人はいるか、アラブ人は「何色」か、イスラーム教徒は差別しないのか

2020年07月22日(水)18時05分

このころからすでに中東・イスラーム世界では黒人は奴隷として劣悪な環境に置かれていたことがわかる。ただ、その反動であろうか。たとえば、西暦8世紀から9世紀にかけて活躍したイラクの有名な文人、ジャーヒズは『白人に対する黒人の優越』という本を書き、多くの黒人たちが預言者ムハンマドの時代からイスラームのために活躍していたことを紹介している。

たとえば、伝説の賢者ルクマーンやイスラーム最初のムアッジン(礼拝の呼びかけを行う人)とされるビラール、イスラーム最初の殉教者とされるミフジャァなどなどである。ルクマーンはその優れた知性で、ビラールはその美声で、ミフジャァはその勇気でアラブ人のあいだでも語りつがれている。

とはいえ、実はジャーヒズ自身、アフリカの血が流れているとされており、その出自ゆえに肌の色と信仰の深さや知性が無関係であることを論じる必要があると感じたのかもしれない。

だが、古典アラビア語世界では、大まかにいって肌の色の違いは気候帯の違いなどで説明されているが、それがしばしば文化や知性の水準にも結びつけられ、あからさまな黒人蔑視にもつながっている。たとえば、ペルシアの偉大な医師にして哲学者で、第二のアリストテレスとも呼ばれたイブン・シーナー(アウィケンナ、1037年没)は、トルコ人や黒人のように極寒や灼熱の地に住むものは生来、奴隷であり、高度な文化をもちえないと主張している。

またイスラーム世界最高の知性の一人と称される、北アフリカ出身のイブン・ハルドゥーン(1406年没)ですら、黒人に対する見かたは辛辣である。彼によれば、トルコ人は、権力や富を手に入れるための手段としてイスラーム世界で奴隷になったのに対し、黒人は人間性にほどとおく、動物に近いために、奴隷になったとしている。

サウジやイエメンでは奴隷制が1962年まで続いていた

実際、時代を経るにつれて、イスラーム世界においてトルコ人やヨーロッパ人の奴隷は減少していったが、黒人奴隷は最近まで存続していた。サウジアラビアやイエメンで奴隷制度が公式に廃止されたのは1962年である。

アラビア半島やペルシア湾岸諸国には、今でもそれぞれの国の国籍を有する肌の色の黒い人がたくさんいる。スポーツ選手などに多いことから、大枚はたいして外国から輸入したという説もあるが、実は彼らの多くは祖先が奴隷であったと考えられる。現在、そうした黒人たちは、それぞれの国が石油の富で豊かになるにつれて、その豊かさを共有できるようにもなっている。ただ、だからといって中東やイスラーム世界で肌の色による差別がまったくないかというと、そう言い切る自信はない。

クウェートの前の首長(アミール)だったサァドは、皇太子時代、その大らかな人柄から国民の人気も高かった。だが、その一方で、彼は絶対に首長になれないと断言するクウェート人もそれなりに存在していた。彼の母親が黒人(奴隷ともいわれる)だったことが理由であった。

【関連記事】サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心ないんですかね

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

焦点:今年の株主提案は環境が「主役」か、鍵握る資産

ワールド

サウジ皇太子、カショギ記者殺害を承認 米が報告書

ワールド

米FDA諮問委、J&Jワクチンの緊急使用許可を勧告

ビジネス

米国株まちまち、ナスダック小反発 ハイテク株が盛り

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 4

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 5

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!