コラム

日本の「論破ブーム」、行きすぎて「屁理屈」になっていないか

2022年03月01日(火)17時30分
シャーロック・ホームズとワトソン

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<論理的思考は確かに大切だが、欠けているものがある。シャーロック・ホームズを生んだイギリスに今こそ学ぶべきだ>

【ホームズの憂鬱】
シャーロック・ホームズと相棒のワトスン博士がキャンプに行った。おいしい夕食とワインを楽しんだ後、彼らは眠りに就いた。

数時間後、ホームズがワトスンを起こして言った。

「ワトスン君、見上げてごらん。何が見える?」

ワトスンが答えた。

「満天の星空だ」

「では、ここから君は何を推理するかね?」

ワトスンはしばらく考えた後、話し始めた。

「そうだな。例えば天文学的な見地から言えば、宇宙には何百万もの銀河と何十億もの惑星が存在するであろう」

ワトスンが続ける。

「占星学的に考えれば、土星が獅子宮(ししきゅう)にかかっているのが観測できる。時計学ならば、今はだいたい3時15分頃だ。気象学から予測するなら、おそらく明日は晴れである。神学で言うなら、神は全能であり、宇宙にとって私たちはちっぽけな存在だ」

ワトスンが満足そうな表情を浮かべながら聞いた。

「では、ホームズ、君なら何が分かる?」

ホームズがため息をついてから答えた。

「ばか! 私たちのテントが盗まれたんだよ」

◇ ◇ ◇

日本では昨今、「論破ブーム」とのこと。なるほど、話を論理立てて前に進めていくことは大事である。これまで日本人が苦手とされてきた側面とも言えるかもしれない。

私は以前、ヨーロッパで暮らしていたが、確かに論理的思考を大切にする国(民族)は多いように感じる。

シャーロック・ホームズを生んだ国であるイギリスもまさにその1つ。客観性のある事実を重視し、自らの思い込みによる判断を避けようと努める。

本当に論理的な人と話をすることは楽しい時間となる。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)、『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)など。最新刊は『戦時下のノーサイド 大学ラグビー部員たちの生と死』(さくら舎)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

台湾、市場の安定維持できる 資本流出は「一時的」=

ワールド

米副大統領、台湾と非公式関係深化へ 海峡での挑発で

ワールド

アングル:年々威力増すハリケーン、気候変動の影響を

ビジネス

証券監視委、SMBC日興に行政処分勧告 相場操縦巡

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中