コラム
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

緊急入院し、生き方を見つめ直そうと考えた翌日、連載終了のメールが届いた

<たかがジョーク、されどジョーク。連載最終回をどうぞ> 【最後のジョーク1】 人類は間違いを繰り返す。どうにも欠陥が多い。しかし、それも仕方

2023.09.12
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

日本の政治家は「中学生レベル」...で怒るのはだれか

<秘書に暴力を振るった議員、「手当」を「てとう」と読んだ議員、あくび&スマホの議員、委員長席に「ダイブ」した議員。品格も良識も常識もない>

2023.07.21
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

ウクライナ停戦の「仲介者」演じる中国が願う「結末」は...

<プーチン、ゼレンスキー、習近平の3人が停戦協議のテーブルについたら、きっとこうなるに違いない> 【三者協議】 ウラジーミル・プーチンとウォ

2023.06.26
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

ChatGPT、Bard... AIは決して間違えない、決して。

<対話型AI「チャットGPT」が話題だが、果たしてどの程度信用できるのだろうか。このジョークにあるように、どんな質問をするか次第かもしれない

2023.05.25
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

立憲民主、共産党、れいわ......選挙の時の有権者の気持ちはこんなもの

<与野党問わず、まるでジョーク、いやジョークにもならない政治家たちの振る舞いが目立つ。統一地方選挙の季節だが、この果物屋店主に共感する人は多

2023.04.11
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

祭りの日に、プーチンは死ぬ

<ロシアによるウクライナ侵攻から1年以上がたった。まさに戦時下。プーチンはきっと、自分が死ぬ日を知りたいと考えているにちがいない> 【占い】

2023.03.27
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

バス運転手から「出産祝い」、これってあり!?

<「静かなる有事」とも言われる少子化。「異次元」の支援策、社会の雰囲気、結婚観のリセットも必要になるだろう> 【出産】 とある長距離バスの車

2023.02.20
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

増税・社会負担増の岸田首相は「2通の封書」を用意すべき時

<穏やかそうな雰囲気で「聞く力」を掲げた岸田首相だが、国民の悲鳴は「聞こえない」のか> 【封書】 新たに政権を担うことになった日本の首相が、

2023.02.03
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

「僕、プーチンにクリスマスプレゼントを贈る」→父親は感心したが...

<「世界中からプレゼントが届けば、プーチンだって『やっぱり戦争はやめよう』と思うはずだよ」と言う息子だったが> 【クリスマス】 アメリカ人の

2022.12.23
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

税金を滞納すると、こんな良いこともある?

<日本の国民負担率は今や46.5%にも達し、政府は「減税」「負担軽減」を訴える声に耳を貸さない。ガチョウもそろそろ暴れだすかもしれない> 【

2022.12.03
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 10

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中