コラム

コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョークです)

2020年04月06日(月)16時25分
コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョークです)

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<中国だけではない。アメリカ、フランス、アフリカ、さらには日本のワイドショー「専門家」たち......。人間の悲喜劇模様がウイルスによってあぶり出された>

【質問】
中国の習近平(シー・チンピン)国家主席が、新型コロナウイルスに関する会議を医師たちと開いた。張という医師が挙手をして言った。

「習主席に3つの質問があります。
1、感染が拡大したのは政府の対応が遅かったからではないですか?
2、感染者数などに関する政府の発表は正確なのでしょうか?
3、今回の感染拡大は結局、人災ではないのですか?」

すると司会者が急に、

「会議は休憩となります!」

と叫んだ。

1時間後、会議は再開された。王という医師が挙手をして言った。

「習主席に5つの質問があります。
1、感染が拡大したのは政府の対応が遅かったからではないですか?
2、感染者数などに関する政府の発表は正確なのでしょうか?
3、今回の感染拡大は結局、人災ではないのですか?
4、先ほど会議が急に休憩となったのはなぜですか?
5、張さんはどこへ行ったのですか?」

◇ ◇ ◇

今回のウイルス拡大に対する中国政府の初動は、かの国の実態を改めて浮き彫りにした。早期に警鐘を鳴らした医師を、中国当局は「流言飛語を流布する者」として処分。典型的な言論統制であった。

アメリカの大統領補佐官は、中国の初動対応について「隠蔽工作」と批判。すると中国外務省は「アメリカの高官に望むことは......中国に責任をなすりつけ、中国政府や国民の努力をけなすことではない」と反論した。「責任をなすりつけるなと言われても......」と思ったのはアメリカ人だけではないだろう。

そんなアメリカでは、銃と銃弾の売れ行きが伸びているとか。日用品不足に端を発する略奪行為が起きた場合に備えているのだという。

フランスでは人気サッカークラブ、パリ・サンジェルマンの試合が無観客試合となったが、スタジアムの外に数千人のサポーターが集結。大声でチャント(応援歌)を歌い、花火を上げたり発煙筒をたいたりした。

アフリカのチュニジアでは「感染の予防にニンニクが効く」とのデマがSNSを通じて拡散。ニンニクの価格が急騰した。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』(共に文春新書)など。最新刊は『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(文春新書)。

ニュース速報

ワールド

EU、新型コロナ危険度を最高レベルに指定せず 4段

ワールド

英銀行、対EU交渉時間切れに備えるべき=英中銀

ワールド

サウジとロシア、協調減産1カ月延長で合意 順守強化

ビジネス

米ADP民間雇用、5月は276万人減 落ち込み和ら

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    トランプ、州兵動員拒否の州知事を非難「NY市はずた…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!