コラム

日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

2022年05月19日(木)17時10分
藤野英人

「お金のまなびば!」より

<米国株人気の背景には「日本株はどうせ成長しない」という悲観的な見方がある。だが日本では今、旧来の「昭和96年型企業」と異なる「令和型」の企業が増えつつある>

長引くコロナ禍や経済の長期低迷、少子高齢化など、暗い話題に事欠かない国・日本。インターネット調査会社「マクロミル」が新成人を対象に行った調査によると、「日本の未来は暗いと思う」と答えた人が約62%にのぼったという。

その1つの証拠として、株式市場では若者を中心に米国株の人気が高まっている。「日本株を買ってもどうせ成長しない」と考えているからだ。

だが日本の未来には、本当に暗いことばかりが待ち受けているのだろうか。

ひふみシリーズの最高投資責任者、藤野英人氏は、そうした悲観的な傾向があることを理解しつつも、こう断言する。「日本という舞台はこれから生きる上で最高だ」

YouTubeチャンネル「お金のまなびば!」の動画「【投資のプロが語る】2040年、おいしいニッポンの時代がやってくる?」では、昨年11月に発売された藤野氏の著書『おいしいニッポン――投資のプロが読む2040年のビジネス』(日本経済新聞出版)の内容を一部抜粋し、日本の未来を展望している。

藤野氏によると、日本株が成長しない理由の1つに「昭和96年型」の企業が多すぎる点が挙げられる。

昭和96年型の企業とは、令和の時代にありながら昭和の特色を引きずる企業のこと。昭和元年から数えると、2021年は「昭和96年」であることから昨年藤野氏が使い始めた新語だ。

昭和96年型の企業を表す最大の特徴は、組織の意思決定が男性中心に行われること。例えば日本経済団体連合会(経団連)では、昨年ディー・エヌ・エー(DeNA)創業者の南場智子氏が副会長に就任するまで、トップは全て転職経験のない男性だった。

「おじさん文化」が根付く日本に足りないのはダイバーシティ(多様性)だと、藤野氏は言う。だが、裏を返せば「令和型」の企業であれば大きく伸びる可能性がある。なぜなら消費者が求めるものは時代とともに変わっているからだ。

fujino20220519oishii-japan-2.jpg

「お金のまなびば!」より

東大生ほど大手企業に入りたがらない時代に

そこで藤野氏が注目するのは、日本の未来を担う大学生たち。ひと昔前なら、一流大学の学生は一流企業に就職するか官僚になるのがいわゆる「勝ち組」とされていた。だが、最近はベンチャー企業を立ち上げたり、外資系企業に就職したりする優秀な学生が増えているという。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 6

    やりすぎ? 魅力的? キム・カーダシアン、「想像の…

  • 7

    「アルツハイマーになりたくなければフロスせよ」 北…

  • 8

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中