コラム

ムハンマド冒涜でフェースブック遮断

2010年05月20日(木)17時19分

passport060510.jpg

見てはだめ パキスタン政府が問題視したフェースブック上のグループ「みんなでムハンマドを描く日」


 AP通信によるとパキスタン政府は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のフェースブックの利用者がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画投稿を呼びかけるグループを立ち上げたのに抗議して、同SNSへの接続を遮断するよう国内プロバイダーに命じた

みんなでムハンマドを描く日」と名付けられたこのグループは、お笑い専門のCATV局コメディー・セントラルが先月、ムハンマドが登場する番組内容の一部を自己検閲したことに抗議して作られた。自己検閲の対象となったのは、熊の着ぐるみを着たムハンマドを登場させたアニメ番組『サウスパーク』。局は放送前に音声の一部を消すなどの修正をした。


 フェースブックのこのグループはパキスタンや他の国で非難の的だ。ムハンマドの肖像画は偶像崇拝に通じるとしてイスラム教では禁じられているからだ。

 パキスタンでは5月19日、フェースブックへの接続遮断を求めていたイスラム法律家グループの要求を裁判所が認め、政府に接続遮断を命じた。

 南部の都市カラチでは約2000人の女子学生が、こうした内容を容認するフェースブックをボイコットするよう要求するデモを行った。近くでは数十人の男子学生によるデモも行われていた。預言者への冒涜に対しイスラム聖戦を呼びかけるポスターを掲げた参加者もいた。


 パキスタンの宗教問題相は、今回の接続遮断は一時避難的な手段で、根本的な解決のためには、イスラム教国が集まって預言者の絵の出版をいかに防ぐかを話し合うべきだと提案した。

 フェースブックの件では、パキスタンは絵の出版自体を禁じられたわけではなく、よその国で出回っている絵をパキスタンからは見られないようにしただけ。最初から勝ち目はない気もする。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2010年05月19日(水)11時38分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 20/5/2010. © 2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story